キャッシングの審査では必ず勤務先へ電話連絡が来るの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今日ではカードローンやキャッシングといったサービスも一般的なものとなっていますので、当たり前に利用している方が多いでしょう。しかし、その一方で「借金をする」ということに対してネガティブなイメージを抱いている方も依然として少なくはありません。
なので、極力誰にも知られずにキャッシングやカードローンを利用したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

在籍確認ってどんなもの?

在籍確認とは、キャッシングの審査の際、申し込みをした人の会社あてに電話をして、本当に本人が在籍しているかどうかの確認をすることです。電話の内容は、「××(個人名)ですが、○○さんはいらっしゃいますか」といった形で、相手が消費者金融業者とはまったく分からないようなものです。

万が一本人が席を外していた場合は、電話に出た人が「○○はただいま席を外しております」という回答をすれば、在籍していると判断されます。このように配慮がなされていますから、よっぽどのことでもない限りは周りの人に感づかれることはありません。

在籍確認はどうしてしなければならないの?

在籍確認は、申し込みをした本人が実際に会社に在籍しているのを確認し、きちんと支払い能力があるのかどうかを判断するために行われます。脅しや嫌がらせのために電話が来るわけではありませんし、電話の内容は他の人に怪しまれるようなものではありません。思った以上にあっけなく終わってしまいますから、それほど身構えなくてもいいでしょう。

電話連絡がネック

しかし、その際にネックとなるのが勤務先への電話確認です。これは在籍確認とも呼ばれており、その職場で実際に本人が働いているかどうかをチェックするためのものです。仕事は収入、つまり返済能力にも大きく影響するポイントですので、金融機関としては必ずチェックしておきたいポイントの一つなのです。

では、どんなキャッシングやカードローンの審査であっても勤務先への電話連絡は入るのでしょうか?
また、それを避ける方法はないのでしょうか?考えてみたいと思います。

意図的に勤務先への電話連絡を避けることは難しい?

結論から言ってしまうと、意図的して勤務先への電話確認を避けることはできません。前述の通り、在籍確認は返済能力を確認する上で、とても重要な役割を果たしていますので、避けることはできないのです。

たとえば、申し込みの際に勤務先への電話確認をしないようにお願いしてみたとしても、当然断られてしまいます。むしろ、そんなことをすると「確認されてはまずいことがある」と判断されて審査に不利になってしまうかもしれません。
なので、キャッシングやカードローンを利用する上で、確実に在籍確認を回避することは困難なのです。

在籍確認がなく、審査に通過してしまうケースもある?

ですが、その一方で在籍確認をされずに審査に通過することができた、といった口コミを耳にすることもあるでしょう。それはどういうことなのでしょうか?
金融機関によっては、審査の際に利用者全員の在籍確認を行うわけではないというケースもあるのです。特に、スピード審査を売りにしている金融機関などの場合、特に本人の申告に不審な点がなければ、在籍確認を省略してしまうケースもあるのです。
しかし、これも確実とはいえません。なぜなら、在籍確認を行わないことを公言している金融機関はほとんどありません。ですので、他の利用者の場合は勤務先への電話確認が行われなくても、あなたが申し込みをした際には、確認の連絡が入ることもあるのです。
なので、在籍確認の連絡がなければ、それはただ「運が良かっただけ」に過ぎず、確実に在籍確認を受けることがない、というわけではないのです。

実際に、同じ金融機関で最初にキャッシングをした時は在籍確認があったのに、次に利用したときはなかった、というケースもあります。もちろん、その逆だって十分にありえるのです。

在籍確認はどのように行われる?やっぱり職場にはキャッシングの利用がバレる?

では、具体的にはどのような形で勤務先に連絡が入るのかをチェックしてみましょう。近年では、個人情報保護に関する法整備も進んだこともあり、あなたがキャッシングなどのサービスを利用していることが職場の人に知られないような形で連絡が入るようになっています。
金融機関によっても異なりますが、一般的には金融機関などの名前は一切名乗らず、個人名で電話がかかってくるケースがほとんどのようです。
なので、通常はこういった電話がかかってきたからといって、すぐに職場にキャッシングなどのサービスを利用していることがバレてしまうことはないでしょう。

ただし、普段はめったに電話がかかってくることがないような職種・役職の方の場合は少し不審に思われてしまう可能性はあります。ですので、勘の良い同僚が電話を受けると薄々気づかれてしまう可能性はあります。
ですので、そのために事前に言い訳を用意しておくのも一つの手段です。いずれにしても、はっきりと金融機関の在籍確認だとはわからない形で行われますので特に問題はないはずです。

クレジットカードなどでも審査の際に電話がかかることがある?

キャッシングやカードローンだけでなくクレジットカードなどでも審査の際に職場に電話確認が入ることはあります。
ですので、前述の通り万が一職場の方に不審に思われてしまったとしても、それほど立場が悪くなってしまうようなことはないでしょう。最近ではショッピングセンターの会員カードや、レンタルビデオ店の会員カードなどにもクレジット機能がつけられていることがあります。そこでも当然審査は行われますので、こういった本人確認の電話が入るケースは決して珍しくはないのです。
もしかすると、あなただって気づいていないだけで同僚の誰かの在籍確認の電話をとっているかもしれないのです。

勤務先への在籍確認の電話を回避する確実な方法はないものの…

このように、勤務先への在籍確認の電話連絡を確実に回避する方法はありません。ですが、その電話が入ったからといって、職場にバレてしまう可能性は低いですので、安心しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。