キャッシング審査の在籍確認とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

もしも会社宛てに消費者金融業者から電話が来たら、電話を取った人に怪しまれてしまいそうですよね。キャッシングの審査の項目である“在籍確認”とは、どのように行われるのでしょうか。また、利用明細などの書類が自宅に届かないようにする方法はあるのでしょうか。

「これからキャッシングの利用を考えているけれど、周りの人にばれてしまうのではないかと、不安」そんな方に耳寄りな情報をお伝えします。申し込みをする前に、キャッシングについての基本的な情報を知っておきましょう。


在籍確認は絶対にしなければダメ?

とはいえ、さまざまな事情から、どうしても会社に電話をしてほしくないという方もいらっしゃるでしょう。まったく会社名を出さずに個人名で電話が来るとは言っても、今や消費者金融業者がこのように配慮して電話をしてくるということも、一部では周知されています。勘のいい人が電話に出たら、このような呼び出しだけでも怪しまれてしまうかもしれません。

そういった場合は、電話連絡以外の方法で在籍確認をすることができます。業者によっては、社員証・在籍証明書・給与明細書などの、現在その会社に在籍していることが確認できる書類を提出すれば、電話なしでも審査に通ります。どうしても不安がある方は、電話以外の方法で審査してもらいましょう。


消費者金融からの書類が家に届かないようにするには?

もしも申し込みをした後に、キャッシングのカードや利用明細が自宅に送られてしまったら、同居している家族にばれてしまうかもしれませんよね。消費者金融業者からの書類が一切自宅に届かないようにすることは、できるのでしょうか。

キャッシングのカードが自宅に送られてこないようにしたいなら、お近くの消費者金融業者の店舗でカードを受け取りましょう。また、利用明細が自宅に送られてこないようにしたいなら、毎月の明細をオンライン上で確認するように指定しましょう。このように指定すれば、消費者金融業者から自宅に書類が送られてくることはありません。

ただし、どんなに気をつけても絶対に家に届いてしまう書類があります。それは、滞納をした時の請求書です。請求書が自宅に届かないようにする方法は、残念ながらありません。


もっともばれにくい方法は、きちんと返済すること

これから消費者金融業者のキャッシングの利用を考えている人にとって、もっとも気がかりなのは、“周りの人にばれてしまうかもしれないこと”。申し込み時の在籍確認や、審査に通った後のカードの受け取り、利用明細の確認。これらについて言うならば、工夫をすればまったく周りの人に感づかれずに借入をすることは可能です。

しかし、どんなに工夫をしても周りの人にばれてしまうことがあるとすれば、それは滞納をした時です。滞納をした時は必ず、何度か電話連絡が来た後で、自宅に請求書が送付されます。こうなってしまうと、同僚や友人と一緒にいる時に電話に出なければならなかったり、同居している家族に書類が見られてしまったりと、周りに感づかれやすくなります。

もっともキャッシングの利用をばれにくくする方法は、きちんと返済をすることです。借入額は自分の収入に見合った金額にとどめ、返済は計画的に行いましょう。


まとめ

キャッシングの審査の在籍確認は、基本的には会社に電話がかかってきます。電話連絡を避けたいのであれば、在籍確認のための書類を消費者金融業者へ提出しましょう。利用明細などの書類はネットから確認すれば、自宅に送られてくることはありません。キャッシングは滞納をしない限り、周りの人にばれることはほとんどあり得ませんから、無理のない範囲で適切にご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。