即日審査に通過するためにやるべき5つの審査対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

即日お金を借入れるためには、申し込んだ当日審査結果がわかる「即日審査」に対応していることが必要不可欠です。
そして即日審査に通過するためには、しっかりと審査に通るための審査対策が必要不可欠なのです。せっかく即日審査に対応しているカードローンへ申し込んでも、その審査結果で「融資不可能」となってしまっては、その日のうちに行うキャッシングが遠のいてしまいます。
そうならないために、この記事内で、少しでも審査に通りやすくするための審査対策をいくつか紹介します。

目次

利用するカードローンを選ぶ際に重視すべきポイントとは

「即日審査可能」なのは、今やカードローン業界では普通です。取り立てて騒ぐほどのことでもありません。その中でも、自分にあったカードローンを一つ選ぶ際に重視すべきポイントを、一つご紹介します。

自分が審査に通るカードローンはどれか

いくら審査が早くとも、その審査結果で「融資不可能」では意味がありません。

自分の年収、勤続年数、自分の状況でも審査に通るカードローンを一つ見極めることが大切です。

明確な審査基準は公開されていないものの、株主向けに公開されている「IR情報」などを参考にすることで審査基準が見えてくるはずです。そもそも、大手消費者金融ならどの業者も審査基準に大きな違いはありません。

消費者金融カードローンか銀行カードローンか

一般的に、「消費者金融のカードローン」は審査が甘めに設定されている。対して「銀行カードローン」の審査は厳しいと言われています。
審査申し込みや手続きの時間を無駄にしないためにも、審査に自信がない方はあらかじめ「消費者金融のカードローン」へ申し込みを行うべきでしょう。

即日審査以外のサービスをどれくらい求めるのか

即日審査に対応しているだけでは、「利便性の高いカードローン」とは言えません。もっと多くのサービスに対応しているのが理想です。

例えば、一定期間借り入れたお金に利息の発生しない「無利息サービス」。女性専用のレディースローンなんてサービスも最近多くなっています。

即日審査だけではなく、もっと多くの「付加価値」を求めるなら、他のサービスを比較した上で申し込みを行いましょう。

即日キャッシングを強調してるが、ヤミ金でなく正規の業者か

「絶対に即日審査結果がわかる」「確実に即日融資」など、甘い言葉ばかりを看板に掲げる業者は怪しいです。もしかすると、そこは法律を無視した貸付を行う「ヤミ金」かもしれません。

ヤミ金から一度お金を借りてしまったら最後、たとえ借り入れを完済したとしてもその関係を断ち切ることはできません。そもそも、悪質なほど高額な利息を請求してくるので、返済完結までたどり着かないかもしれません。

なんにせよ、ヤミ金からは絶対にお金を借りないようにしてください。

どうして即日審査が可能になったのか

申し込んだ当日に、早ければ30分程度で審査結果のわかる「即日審査」のサービス。
どうして昨今の消費者金融や銀行は、こんなに早い審査に対応できるようになったのでしょうか。

理由1:技術の向上により審査に時間がかからなくなった

現在消費者金融や銀行のカードローン審査はほとんど、コンピュータのシステム制御で行われます。
まず最初に、申し込みの際入力された情報を、コンピュータが大まかに審査します。過去の利用者のデータと照らし合わせながら、これだけの情報を持っているということは、返済能力はこれくらいだとすぐに算出するのです。
コンピュータ技術が進歩すればするほど、審査に時間がかからなくなるということです。

信用情報の審査もコンピュータが行う

申し込み情報の審査は、自己申告された情報で審査が行われるため、審査の精度は高くありません。
それより重要なのが、申し込んだ人が、現在どれくらい他社のキャッシングを利用しているのか。また、過去の他社のキャッシングを利用した際に、返済遅延など問題を起こしていないかという情報です。
この記録は、後述する「信用情報」を見ることではっきりわかります。この信用情報の審査もコンピュータ制御で行われ、すぐに審査結果が出るでしょう。
収入や勤続先の審査、「属性の審査」と上で述べた信用情報の審査にかかる時間を合わせても、そう多くの時間はかからないはずです。

人の手が関わるのは審査のごく一部のみ

収入や勤務先の情報などの審査、信用情報の審査が終わったなら、ここからようやく人の手が関わる審査となります。
審査担当の社員による、提出書類の最終確認、そして職場への確認電話「在籍確認」が行われます。
つまり、審査の最終段階まで来ないと、実際に人の手が絡むことはないということです。

理由2:少しでも審査時間が短いことで他社との差をつけるため

「審査が早い」というのは、他社との差別化にうってつけです。
多くのキャッシング利用者は、「少しでも時間をかけずにお金を借りたい」と思っているからです。
「ウチは審査が早い」というアピールを行うことで、他社より新規顧客を得ようという狙いがあるのです。

ノーローンの審査最短20分は差別化したい気持ちの表れ

アイフルやプロミスなど大手消費者金融は審査時間を、「最短30分」としている中、ノーローンは審査時間を最短20分と発表しています。

消費者金融名 審査時間
プロミス 最短30分
アコム 最短30分
アイフル 最短30分
ノーローン 最短20分

これこそ、「ウチは他社より審査が早い」というアピールです。この情報を見て、少しでも早く審査結果を知りたい人は、他の消費者金融よりノーローンへの申し込みを行うはずです。
しかしこの「審査が他所より早い」アピールはハイリスクハイリターンです。審査に時間がかかってしまった場合、「最短20分と聞いてたのに、もっと時間かかるじゃないか」というクレームが入ってしまうからです。
「審査に時間がかからない」というアピールを行う消費者金融は、それだけのリスクを背負いながら審査を行っているのです。

審査で見られるのはあなたが持つ二つの情報

消費者金融や銀行などのキャッシング審査で審査されるのは、 大きく分けて二つの情報です。その二つの情報とは、「属性」と「信用情報」です。
それらの二つの情報が審査基準を満たさないと、「融資可能」な状況になりません。

属性

属性とは、主に申し込んだ人の生活を表した情報です。申し込んだ人の年齢から職業など、その人の「身分」を表している情報とも言えるでしょう。
属性に含まれる情報は多いですが、中でも消費者金融や銀行が審査する情報は以下の情報です。

  • 年齢
  • 職業
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収
  • 年収体系
  • 居住年数
  • 居住年数

属性に含まれる情報はさらに多岐に渡りますが、上記の情報が基準を満たしていないと審査通過は難しいでしょう。

信用情報

信用情報には、消費者金融や銀行へ申し込んだ人が残したキャッシング申し込み情報、そしてクレジットカード申し込み情報などが記録されています。申し込み情報だけでなく、実際に契約したならその情報、借入と返済もこの信用情報に残ります。
直前の返済だけでなく、過去3年ほどの返済情報が残ります。キャッシングの審査では過去の返済履歴を見られて、返済の遅延が怒っていないかを審査します。返済遅延の記録が信用情報に残っていた時点で、ほとんどの消費者金融や銀行の審査に落ちてしむでしょう。
返済遅延と同じく審査で不利になるのが「債務整理」の記録です。返済額を減らすために行った債務整理の手続きを行った記録も信用情報に残ります。
債務整理の記録が残っていると、消費者金融や銀行は「返済能力が低い」とみなします。同時に、再び債務者に債務整理を行わてしまうと、消費者金融にとって損でしかありません。お金を貸し付ける側としても、再び債務整理を行うかもしれない人にお金を貸したくはありませんよね。

審査を行う担当者の裁量も大きい

審査を担当する社員の裁量一つで審査結果が大きく変わるのも確かです。もしも審査を担当する社員が、「今期のノルマはクリアしたし、これ以上新規契約者はいらないな。厳しく審査しよう」と思うと、審査基準は一気に厳しくなります。反対に、審査担当者が新規契約者を増やすことに焦っていたとしたら、審査基準は優しくなることもあるでしょう。
コンピューターの審査で落ちてしまっていたとしたら、人の手がかかわる審査を受けるまでもなく審査に落ちてしまいます。ですが、人の手が関わる審査にはどうしてもその人個人の主観的な意見が入るものです。

審査に落ちないための審査対策!

審査に落ちないためには、審査に落ちないために審査対策を行っておく必要があります。何も考えずに申し込んでも、審査に落ちてしまう未来は目に見えています。

審査対策1:申し込むカードローンは厳選した一社へ

一ヶ月以内などの短期間に、復数のキャッシングへの申し込みを行うと、信用情報に同時申し込みを行った記録が残ってしまいます。審査において消費者金融などが同時申し込みを行った記録を見られてしまうと、「支払い能力が低い」と見られてしまい、審査に落ちてしまう危険があります。
事前にしっかり比較検討を行ってから、一社か二社、自分にあったキャッシングを見つけ出しましょう。

参考までに、クレジットカードのキャッシング機能を使って即日借入れる方法も、「クレジットカードを使って即日融資は可能なの?」で確認しておきましょう。

審査対策2:借入希望金額は少なめに

申込時に消費者金融や銀行へ「借入希望金額」を伝えますが、この借入希望金額は少しでも低い金額申し込むと審査に時間がかからなくなり、審査にも通りやすくなります。
また消費者金融からの借り入れが50万円以上など、ある程度まとまったお金をキャッシングする場合には、収入証明書の提出を求められることにもなってしまいます。

総量規制内の借入を!

消費者金融やクレジットカードのキャッシングは、総量規制の対象となってしまい、年収の3分の1以上の借り入れができなくなってしまいます。
総量規制以上の金額の借り入れとなった時点で、消費者金融の審査に落ちてしまいます。年収に縛られないキャッシングを希望している方は、銀行のキャッシングを利用しましょう。

審査対策3:申し込みで嘘をつかない!

消費者金融や銀行に申し込む際、審査に有利になるようにと年収や勤続年数で嘘をつくと、その嘘が発覚した時点で審査に落ちてしまいます。消費者金融や銀行は、過去何万人もの審査を行ってきた言わば「審査のプロ」です。嘘が通じる相手だと思わない方が良いでしょう。

提出書類の審査で嘘がバレる

消費者金融や銀行に提出した書類と、申込情報を照らし合わせることで、簡単に消費者金融などは嘘を見抜きます。
書類は申し込んだ人の情報を調べる上で重要な手がかりです。本来は書類の提出が必要ないはずなのに提出を求められた場合は、審査で不審な点があったのだと思ってください。

審査対策4;審査に自信がないなら消費者金融に申し込む

銀行よりも消費者金融の方が、審査通過率が高いです。また、消費者金融の方が審査にかかる時間が短いので即日審査に対応しているケースが多いです。大手消費者金融なら、即日審査に対応していないカードローンが存在しないほどです。
その代わり、消費者金融は総量規制の関係などがあり、あまり大きな金額キャッシングできないというデメリットも存在します。

中小消費者金融の審査は甘いが経営が不安定

時に街金と呼ばれる「中小消費者金融」の審査は、プロミスやアコムなど、誰もが知っている大手消費者金融よりもさらに甘い基準が設定されています。
その審査は、過去のキャッシングで「返済遅延」や「債務整理」の記録が残っていたとしても審査に通るほどです。大手消費者金融の審査に通らないとしても、ほとんどの人は「中小消費者金融の審査」なら通るはずなのです。
しかし中小消費者金融は、大手消費者金融と比べて「金利が高い」「サービスが弱い」「会社の経営が不安定」など、慎重に借りるべき理由も多いです。「自分は中小消費者金融の方があっている」と思ったとしても、実際の借り入れはメリット・デメリット・自分の状況などを鑑みつつ行ってください。

審査対策5:同居人を作る

家族でなくとも、同じ家で住んでいる同居人の数が一人でも多いほうが、キャッシングの審査において有利となります。審査に通りやすくするためと、これを機に、安定した生活をつくるのも有効な手立てといえるのではないでしょうか。
同居人のほかにも、固定電話を引いている、持ち家に住んでいるなど生活力の高い人の方が審査に通りやすくなります。

油断していると在籍確認で審査落ちになることも

審査の過程の最後にあるのが、申し込んだ人の職場への確認電話、「在籍確認」です。
当然ですが、「在籍確認」も審査のうち。在籍確認を取ることができなかった場合、審査落ちとなってしまいます。
消費者金融から職場へとかけられる電話は社名などを一切伏せて行われますが、銀行からの在籍確認は銀行名を名乗って行われます。

在籍確認で聞かれる内容は?

「消費者金融から職場への電話」と聞くと「嫌だ」と感じる人が多いはず。ですが、「在籍確認」の電話は、普通の人から「キャッシングの審査に関する電話だ」と気づかれないような工夫が凝らされています。具体的な電話内容を見てみましょう。
職場の人間「もしもし」
消費者金融の社員「もしもし、私、○○と申しますが、××さんはいらっしゃいますか?」
こうした消費者金融の社員からの質問に、本人がその職場で働いているという確認が取れれば、在籍確認は終わりです。
本人がその電話に出ずとも、「外出している」など、本人が職場に在籍している確認さえ取れれば審査は終わりです。
ですが当然、怪しまれないためには本人が出るのが一番ですから、あらかじめ在籍確認の電話がかかってくる時間の確認などをしておくのがおすすめです。

中には在籍確認に柔軟な対応を行う消費者金融も

消費者金融の中には、相談すれば在籍確認の電話なしで審査を行う消費者金融もいくつか存在します。
アイフルなど、そうした在籍確認の対応に柔軟な消費者金融は、在籍確認の電話を行う代わりに「社名入りの社会保険証」や「新しい給与明細」などの提出で審査を行います。
この「電話なし」の在籍確認の良いところは、「職場に電話がかかってこない」だけでなく「職場が休日で電話できない土日の審査も可能になる」というところです。
必要ならば、消費者金融のカードローン申込後に相談してみてください。

即日審査で今日借りられるカードローンを厳選して紹介

具体的に、どのカードローンが「即日審査」に対応しており、確実に今日借りることができるのか。具体的に説明します。
即日審査に対応したカードローンをしっかり比較して厳選した後、自分が申し込むカードローンを決めてください。

プロミス

プロミス
金利 限度額 審査
4.5%~17.8% 500万円 最短30分

プロミスのカードローンは即日審査に対応しており、審査に通れば、確実な即日キャッシングに対応しています。
なんといっても、プロミスは消費者金融の中で、日本各地にもっとも多くの自動契約機を設置しています。自動契約機を使えば、確実に「今日借りたい」というあなたの願いもきっと果たされるはず。

アイフル

金利 限度額 審査
4.5~18.0% 500万円 最短30分

アイフルも代表的な今日中に借りられるカードローンの一つです。その審査時間は最短30分。
申し込みが混み合っていない平日の早い時間帯ならば、より確実に時間のかからない審査を実感できるでしょう。
アイフルは電話やネット申し込みだけでなく、「てまいらず」という、電話機が無人ブース内に設置してある独自のサービスに対応しています。「てまいらず」を使うことで、電話機からの申込後隣に設置してあるカード発行機でカード受取が可能。契約機の操作が不安な方も、ぜひ「てまいらず」の利用も検討してください。

アコム

金利 限度額 審査
3.0%~18.0% 800万円 最短30分

アコムも最短30分審査を設定しています。
アコムには、他の大手消費者金融2社とは違う金利設定と限度額設定が組まれています。
さらに、アコムの借り入れカード「ACマスターカード」には、クレジットカード機能を搭載できます。つまり、アコムは「今日借りられるカードローン」であると同時に、「即日発行に対応したクレジットカード」を扱う消費者金融なのです。

生銀行カードローンレイク

新生銀行カードローンレイク
金利 4.5~18.0% 審査 即時
限度額 500万円 融資 最短1時間

「新生銀行カードローンレイク」は、新生銀行のカードローン商品にも関わらず、消費者金融のカードローン並に便利なサービスが揃っています。

レイクのカードローンは「30日間」と「5万円以下の借り入れで適用される180日間」という、2種類の無利息サービスを用意しているのが一番の魅力です。またそれだけでなく、「レディースレイク」や「提携ATMの利用手数料無料」など、便利なサービス目白押しです。

「即日審査」だけでなく、「無利息サービス」も重要視した借り入れを行うつもりのあなたにピッタリのカードローンです。

三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン
金利 限度額 審査
1.8%~14.6% 500万円 最短30分

三菱東京UFJ銀行カードローンは、他銀行カードローンと比べてもかなり優秀な設定が組まれています。
1.8~14.6%の金利設定は、カードローン業界トップクラスの低金利。それだけ優秀な低金利設定であると同時に、銀行内の「テレビ窓口」の活用で、最短40分融資にも対応。
消費者金融のカードローンと遜色ないスピードキャッシングに対応しているのは、大手消費者金融「アコム」を提携企業として、キャッシングのノウハウを吸収したからだと言われています。

三井住友カードローン

三井住友銀行カードローン
金利 限度額 審査
4.0~14.5% 500万円 最短30分

三井住友銀行カードローンも、三菱東京UFJ銀行カードローンと同じく最短審査30分に対応しています。
この都市銀行二社のカードローンは、大手消費者金融と提携したことにより、とにかく早い審査と融資に対応しています。消費者金融のカードローンと比べると低く設定された金利、そして契約機を活用したスピードキャッシングに対応している、かなり優秀なカードローンです。
三井住友銀行カードローンの審査についてもっと詳しい情報を知りたい方は、「三井住友銀行カードローンの審査は果たして厳しいのか?甘いのか?」を参考にしてください。

即日審査で焦っていたとしても、一旦落ち着いてから申し込みを行いましょう

一刻もはやく審査結果が欲しいと思っているあなたも一度落ち着いて、まずは確実に審査へ通るための審査対策を行いましょう。
あなたに安定した収入があり、過去のキャッシングで返済遅延や債務整理の記録が残っていないならば、しっかり審査対策を行うことで「融資可能」な審査結果を受け取れるはずです。
あなたが審査に不利なのは、「属性」でしょうか「信用情報」でしょうか。一度思い返してみてください。

まとめ

即日審査対応のカードローンで、申し込んだ当日審査結果を受け取るには、しっかり審査対策を行っておく必要があります。
例え審査に通るだけの情報を持っていたとしても、何も考えずに審査へ申し込んだとしたら、審査落ちとなってしまうでしょう。短期間に復数のキャッシングはしない、借入希望金額を少なくするなど、事前にしっかり審査対策を行いましょう。
あなたが事前にどれだけ審査対策を行っておくかで、あなたが審査に通るか否かが決まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。