無職でも即日融資を受けることは可能?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スマートフォンを見ながら悩む男性

「無職」ということは、つまり「働いていない」ということです。それは収入がないということに等しいため、使えるお金が少ないことを表しています。その状態では、お金の拠り所を消費者金融や銀行カードローンに頼ってしまうでしょう。
しかしそもそも、そんな「無職」の方にお金の必要な場面が迫った時、消費者金融や銀行から即日融資でお金を借りることはできるのでしょうか。

無職の状態で消費者金融からお金を借りられるのか

即日融資のキャッシングに対応したカードローンといえば、消費者金融のカードローンです。プロミスやアイフル…その他消費者金融は無職でもキャッシング可能でしょうか?

消費者金融は「総量規制」で無職のキャッシングが不可能

年収で借入可能額が決まる法律「総量規制」によって、収入がまったくない無職の方が消費者金融からお金を借り入れることはできません。総量規制で規制が入ると、年収が3分の1までしか借り入れが不可能となります。しかし、そもそも収入がゼロでは、総量規制によって借入可能額もゼロとなってしまいます。

以前は不動産などの担保をつければ消費者金融から借りられた

貸金業法改訂以前、「総量規制」ができる以前は、不動産などの担保を提出すれば無職でも消費者金融からお金を借り入れることができました。「総量規制」によって無職がお金を借り入れ辛くなりましたが、この法律によって生活が守られた人も少なくないはずです。

消費者金融が審査で知りたいのは「返済能力」

消費者金融の審査で見られるのは、その人がどれだけ「返済能力」を有しているかです。そもそも、「無職」の状態では、収入も返済能力も「ゼロ」ということ。この状態で、消費者金融の審査に通るわけがありませんよね。

無職は銀行カードローンで即日融資可能?

即日融資に対応した銀行カードローンも少なくありません。とはいえ、無職の状態で、銀行カードローンを利用したキャッシングは可能なのでしょうか。イメージでは、銀行カードローンの方が審査が厳しく、お金を借りにくいイメージもありますが…。

銀行カードローンは総量規制の対象外だが、審査が厳しい

銀行カードローンは、「総量規制」の対象外となりますから、年収で借入額が決まることはありません。「それじゃあ、無職でも銀行カードローンでお金を借りられるのでは」と思う人もいるかもしれませんが、そんなわけにもいきません。
なぜなら銀行カードローンは、審査において消費者金融よりも高い返済能力を求めるからです。上でも述べた通り、無職の状態では返済能力はゼロです。あなたが無職のままでは、高い水準が設定されている銀行カードローンの審査基準を満たすことはできないでしょう。

専業主婦や学生なら即日融資で借入可能

とはいえ、例外もあります。「配偶者に安定収入」がある専業主婦や、親元で暮らす学生など、同居人に審査基準を満たすほどの返済能力があれば、銀行カードローンでキャッシング可能です。
この場合、限度額は10万円程度に制限されてしまうかもしれませんが、即日融資でのキャッシングも夢ではありません。

無職が即日融資で借りるためにやるべきこと

無職のあなたが消費者金融や銀行カードローンを使って、即日融資でのキャッシングを行うためには、いくつかの方法を踏む必要があります。
具体的に方法を知っておけば、「自分がこれから何をするべきか」。それが見えて来るのではないでしょうか。

アルバイトや派遣社員で良いので、収入源を見つける

一番確実なのは、「何でも良いから定職につく」ということです。たとえ収入額は少なくてもかまいません。たとえアルバイトでも、定職につくのは審査に通るために、とても有効な対策です。まずは、「週3日入るアルバイト」から初めてください。そしてある程度の「勤続年数」が記録されたと感じたなら、消費者金融のカードローンへ申し込んでみてください。
その他の条件に問題が見当たらなければ、審査に通りお金の借り入れが可能なはずです。

審査が柔軟で即日融資にも対応している消費者金融「アコム」

アコム
金利 限度額 融資
3.0%~18.0% 800万円 最短即日

アコムの審査が柔軟であることの表れとして。株主向けに公開されている「審査通過率」があります。アコムの審査通過率は他の大手消費者金融とくらべても高めです。アコムは過去、アルバイトでも審査に通した実績を多く残してくれています。
アコムは街なかの目立つ場所に「自動契約機」を設置していますから、自動契約機を使った即日カード発行が可能です。それだけでなく、平日の14時までに振込依頼を出すことでネットキャッシングでの「即日振込」も可能です。

配偶者を見つける

「収入が安定した配偶者」を見つけることで、銀行カードローンでのキャッシングが可能となります。銀行カードローンの審査に通るだけの強い属性を身につけるために「結婚する」というのも一つの手です。

専業主婦でも即日融資で借りられる「三菱東京UFJ銀行カードローン」

金利 限度額 融資
1.8%~14.6% 800万円 最短40分

三菱東京UFJ銀行カードローンは、配偶者に安定した収入があれば、「配偶者の同意書」なしでキャッシング可能な銀行カードローンです。銀行内のATMコーナーに設置された、「テレビ窓口」を使ったカードローン契約に成功すれば、その場で借入カードを発行できます。
三菱東京UFJ銀行カードローンの審査を行うのは、大手消費者金融の「アコム」ということもあり、審査も比較的柔軟です。

無職にお金を貸したくないのは、債権者側になってみればすぐわかる

「無職にもお金を貸してくれたって良いのに」そう思う人もいるかもしれません。
利用者にとってはそうかもしれませんが、お金を貸す側に立ってみれば、無職にお金を貸したくない理由もわかるというものです。無職の状態である人にお金を貸すのは、いたずらに「返済されない」リスクを高くするだけです。消費者金融や銀行がキャッシングを行うのは、何もボランティアなど慈善事業ではないのです。

無職が即日融資を受けるのは難しい

無職の借入には越えなくてはいけない障害がいくつもあることがおわかりいただけたかと思います。さらに即日融資となると、残念ながら現実的ではない、というのが正直なところです。ひとまずお金を何とか借りるためには、アルバイトでもいいので働いてみるという手があります。

収入が安定さえしていれば審査通過の確立はグッと高まり、即日融資も夢ではありません。あまり知られていませんが、ガードローン業者が収入の安定性を判断する上で雇用形態は問題にならないのです。アルバイトでも収入が安定さえしていれば、審査に通過する可能性は十分にあります。

短期でも契約社員でも構いません。とにかく働こうという意欲をアピールできれば、賃金業者からの信頼にもつながります。また、アルバイト代でも収入があれば返済の負担も軽くなるはずです。無職のときは、雇用形態へのこだわりをすてまず仕事を見つけることを優先し、どうしても足りない生活費をカードローンを利用して補うようにするのが賢明でしょう。

無職でも審査に通す消費者金融があるとすればそれは「ヤミ金」

正規の消費者金融だったとすれば、無職の方にお金を貸すのはあり得ません。「総量規制」の問題もありますし、返済能力がゼロの人は、正規の消費者金融が設定した審査基準を満たすことができないからです。
もし「無職」でも審査に通す消費者金融があったとしたら、それは間違いなく「ヤミ金」です。「ヤミ金」は誰にでもほとんど無審査でお金を貸すでしょうが、一度利用するとずっとつきまとわれ、不当な利息の請求をされてしまいます。くれぐれも「ヤミ金」からお金を借りないようにしてください。

まとめ

まず大前提として、「無職のままでは消費者金融や銀行カードローンの審査に通らない」ことを理解しておきましょう。
消費者金融や銀行は、カードローン審査において「返済能力」を調べます。無職の状態では、当然返済能力はゼロですから、審査に通るわけがないのです。
審査に通るためには、専業主婦として「銀行カードローン」の審査を受けるか、収入は少ないとしても何か定職につくしかないのです。
兎にも角にも、自分か配偶者に「返済能力」があるかどうか。それが争点となるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。