急な出費は無人契約機があれば乗り切れる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

冠婚葬祭や予想できない入院費などの治療費、故障した家具や家電を買い換えるためのお金など、急な出費の対応は難しいです。

すぐにお金を手に入れるためには、時間をかけずにキャッシングを利用することができるのが望ましいですが、そのためには無人契約機を活用する必要があります。

急な出費に対応するには即日融資を受けるしかない

急な出費でお金が足りなくなったなら、すぐにそのお金の不足を補うしかありません。

その不足を補うための対応策が、「即日融資を受けること」なのです。即日融資を受けるための方法も種類がありますが、その中でも確実で簡単なのが、「無人契約機を活用すること」です。

無人契約機でカードローン契約を結べばその場でカード発行が可能

無人契約機でカードローン契約を結べば、その後すぐにカードが発行されます。または、すでにカードローン契約を結んだ状態ならば、無人契約機からカードの発行のみを行うことも可能です。

このカードを受取次第、すぐにATMからお金の借り入れが可能となります。消費者金融の無人契約機ならば、同じブース内にATMが設置されています。また、都市銀行の無人契約機ならば、ATMコーナーに無人契約機が設置されているのです。

全国各地に無人契約機が設置されている

無人契約機の設置場所は、日本全国各地に渡ります。消費者金融によって設置数は異なりますが、大手消費者金融ならば、北は北海道南は沖縄と無人契約機の場所に困ることはありません。

無人契約機(自動契約機)とは?

無人契約機(自動契約機)は、大手の消費者金融や銀行等で利用することができます。窓口とは違い、区切られた無人のスペースで手続きを済ませることができるため、気軽に利用できるのは大きなメリットと言えます。また、必要な情報入力機器やカードの発行機が揃っているため、審査が通ればその場で即時にカードが発行され、そのままキャッシングが可能になります。

この“即日融資可能なカードの発行”が、ネットによる申し込みと比べた場合最大の強みとなります。審査が通ってもカードが郵送される場合は数日待つ必要がありますし、銀行口座への振込サービスがある場合でも、当日即座に振込を行ってくれるとは限りません。無人契約機(自動契約機)を利用すれば、契約終了後には確実にカードも発行されるため、急にお金が必要になった場合でもその日のうちにキャッシングすることが可能になるのです。

無人契約機(自動契約機)での契約のしかた

無人契約機(自動契約機)での契約はどのように行われるのか、一般的なケースを見ていきましょう。無人契約機(自動契約機)には、審査に必要な情報を入力するための端末、持参した書類を読み込むためのスキャナー、カード発券機が用意されています。

契約に必要な書類は、本人確認のための自動車免許書や住民票が必須となります。端末に必要な個人情報を入力したうえで、本人確認書類をスキャナーで読み込み送ることで、入力情報に虚偽がないかを確認します。金融機関によっては認められる本人確認書類に規定がある場合があるので、あらかじめネットでどのような書類が必要になるかを調べておけば、スムーズに契約が進むでしょう。

急な出費で無人契約機に頼るべき理由

ここからは、急な出費時に他の借入方法ではなく、無人契約機を活用してお金を借り入れるべき理由を説明します。

ネットキャッシングより確実

ネットキャッシングでも即日融資を受けやすくなりました。パソコン・スマートフォンからネットにアクセスして振込依頼を出す方法はとても簡単です。

スマートフォンを使った借り入れならば、場所にも制限を受けることがないでしょう。しかし、ネットキャッシングは曜日や時間の制限を受けることが多いです。何よりネットキャッシングは、銀行の営業時間との兼ね合いがあり、土日の振り込みが不可能であることがほとんどです。

それならば、曜日や時間の制限が少ない、無人契約機を使ったカードローン契約の方が急な出費に対応しやすいですよね。

ほとんどの自動契約機が朝早くから夜遅くまで営業

多くの消費者金融の自動契約機が、朝の8時頃から夜の9時ごろまで営業しています。もちろん、営業時間内にカードローン契約を結べば即日カード発行が可能です。

急な出費は時間帯も予想がつかないことがほとんど。夜遅い出費だったとしても、無人契約機が近くにあれば、その出費は十分リカバリー可能です。

土日も利用可能

急な出費は、平日よりむしろ土日祝日の休日であることの方が多いのではないでしょうか。

そんな場合でも、すべての無人契約機は土日祝日でも営業しているため、問題なく対応可能です。土日祝日の無人契約機は混み合いますから、中心街から少し離れた場所のブースへ行くのがおすすめです。

在籍確認なしでも小額限度額内で借入可能になる

土日祝日の休日は、勤めている会社が営業していないという人も多いでしょう。その場合でも、消費者金融によっては「在籍確認を後回し」にしてくれることがあります。在籍確認を後回しにして、限度額に制限をつけてカードローンが利用可能となるのです。

または、在籍確認に自由度が高い消費者金融ならば、在籍確認を社会保険証や給与明細などの書類の提出で変わりとしてくれることもあります。

契約にかかる時間は長くても1時間程度

無人契約機(自動契約機)による契約は、早ければ30分ほど、長くても1時間程度で終了します。必要な情報をすべて入力し終えてから審査が開始されるのではなく、住所、他社からの借入情報、勤務先などの情報が入力され次第別個に確認が行われているため、これほど早く審査が終了します。

必要な情報の入力は、無人契約機(自動契約機)の端末、タッチパネルを使用しての入力となります。こうした機器の入力に慣れていない人の場合は、ここで時間がかかってしまうこともあるでしょう。また申し込みたい借入限度額が高めな場合は、より入念な審査が行われるため、30万円程度の低額申し込みよりも長く時間がかかります。限度額の変更は後日でも可能なので、急ぐ場合は当面必要な額で申し込み、時間の余裕がある時に限度額の変更申請を行いましょう。ただし、限度額を上げる際には収入証明書の提出などを新たに求められることもあります。また、低額の申込みであれば審査に通っても、高額の場合は審査が通らないということもあります。

銀行系カードローンや一部の消費者金融では、事前にネット経由で情報入力や審査を行い、カードの発券のみを自動契約機で行うことも可能です。カードの発券だけであれば、さらに待ち時間は短くなります。

注意したいのが、各社の営業時間です。契約が終わった後は、ATMを利用し24時間いつでもお金を借りることができるようになりますが、審査時には審査するスタッフが業務を終了してしまえば、その日のうちに契約を終わらせることができません。どうしてもその日のうちにお金を借りたいのであれば、なるべく日中に契約を済ませてしまったほうがいいでしょう。また各社の自動契約機の対応時間も調べておきましょう。

急な出費でも焦らないで!借りやすい消費者金融を調べるべき

急な出費がかさんで、お金がないと焦っている人も多いでしょう。しかし、お金がないからこそ、一度落ち着く必要があるのです。

無人契約機を使ってカードローン契約を結べば、即日お金を借りることは難しくありません。しかし、そのお金を返済するとなると、時間と労力が必要となります。

あなたが、急な出費を機に借り入れようとしているその消費者金融のカードローンは、返済まできっちり面倒を見てくれますか?そもそも、他にもっと低金利のカードローンがあるのではないでしょうか。一度立ち止まって考えてみましょう。

まとめ

急な出費で苦しんでいるあなたは、今すぐ「無人契約機を活用したカードローン契約」を結ぶべきです。

無人契約機は繁華街や駅前など目立つ場所に設置してあります。探してみてください。

無人契約機の良いところは、即日カード発行できるだけでなく、土日のカード発行にも対応しているということでしょう。無人契約機を設置しているような大手消費者金融のほとんどは、土日でも在籍確認の対応が柔軟で、在籍確認を後回しにしてくれるところがほとんどです。

急な出費に苦しんでいるあなたには、一国も早く無人契約機でのカード発行をおすすめしたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。