今日中にお金を借りる方法7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

生きていればどうしても急にお金が必要になることはあります。時には「明日では間に合わない。どうしても今日中にお金を手にしなければ!」ということもあるはずです。そんな時、焦ってしまうのはわかりますが、まずは落ち着いてお金を借りる方法を考えましょう。もし思いつかないようであれば、今回ご紹介する7つの方法でお金を借りてみるといいでしょう。どの方法でも迅速にお金を手にすることができます。

好みに合わせた7つの方法でスピーディーにお金を借りよう!

一口にお金が急ぎで必要といってもいろいろなシチュエーションがあるはずです。なるべくならすぐにお金が手に入るだけではなく、後々の負担が少ない方法や、安心できる方法を選びたいですよね。以下のご紹介する7つの方法を、ご自分のシチュエーションに当てはめてみましょう。

アイフルなら借入まで1時間!

「とにかくすぐにお金が必要!」という方はアイフルを利用するのがオススメです。スピーディーに手続きが進むWeb申し込みなら、借入までなんと一時間という短さで済みます。借入は最小1000単位からですので、「デートの費用をちょっとだけ借りる」といった使い方もできます。土日祝も関係なく融資していますので、借入のスピードを重視するのであれば迷わずアイフルでしょう。

プロミスで安心して融資を受ける

はじめてのカードローンに不安はつきものです。いくら急ぎでお金が必要でも信頼できる賃金業者を利用したい、とお考えの方も多いでしょう。プロミスは銀行大手「SMFG」傘下の賃金業者ですから、そういった方にとっても安心です。審査もスムーズに進めば30分程度で終了しますので、「今日中にお金が必要なんだ!」という方でも問題なく即日融資を受けられるでしょう。

アコムのカードローンはWebだけで完結!

急ぎでお金を借りる必要あるのに店舗に行く時間がない!という方もいるでしょう。そんな方のオススメしたいのがアコムのWeb申し込みです。なんと、店舗に行く必要がなく、Web申し込みだけで融資を受けられるのです。30日間の無利息期間もありますので、金利による負担が気になる方にも非常にオススメです。

「手数料が煩わしい」という方はオリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは全国に95,000台以上あるATMから手数料なしで借入、返済ができます。ATMの多さもさることながら、わずらわしい手数料がなくなるのも大きなメリットでしょう。銀行のカードローンということで審査には時間がかかりますが、スムーズに進めば即日融資も決して非現実的ではありません。消費者金融に比べて金利が低いのおも魅力ですね。

銀行なのにスピーディーな三菱東京UFJ銀行カードローン

銀行系のカードローンは金利が低いのが魅力ですが、審査に時間がかかる傾向があります。そんな中、三菱東京UFJ銀行カードローンの「バンクイック」は最短30分で審査が終わるため、急ぎで融資を受けたい方にもオススメできる銀行カードローンです。あらかじめ口座を開設しておく必要がない、という点も大きな特徴でしょう。

三井住友銀行カードローンで高額の融資を受ける

三井住友銀行カードローンもスピーディーに融資を受けられる銀行カードローンとして知られています。審査時間は最短30分、なおかつあらかじめ三井住友銀行の口座を作っておく必要もありません。収入証明書なしでも300万円までの融資をしてくれますので、高額の融資を希望している場合はこちらがオススメです。

ACマスターカードでこっそりカードローンを使う

カードローンを利用する上で、周りからの目を気にしている方も少なくないかもしれません。カードローンのカードを万が一人に見られでもしたら…と思うとちょっと不安になってしまいますよね。アコムのACマスターカードであれば見た目はクレジットカードのカードそのものなので、人に見られても気にする必要はありません。審査時間も非常に短いので申し込みをしたその日にはお金を受け取ることができるでしょう。

最短で融資を受けるために

ご紹介したような賃金業者を利用することで「今日中にお金が必要!」と思ったその日の内に融資を受けることができます。しかし、即日の融資を確実なものにするためには少し注意が必要です。少しでも油断をすると手続きが遅れてしまい、融資が翌日以降になってしまいます。

申し込みをしたその日のうちに融資を受けたいのであれば、最短のステップで手続きを進めるよう意識しましょう。そのためにはスムーズに手続きできるWeb申し込みを利用したり、必要となる書類を調べて準備したりしておくことが重要です。また、準備していたのにも関わらず賃金業者の営業時間や銀行の営業時間に間に合わない、といったトラブルも考えられます。最後まで油断せず、余裕を持って行動することが肝心です。焦っているときこそ落ち着いて行動し、急にお金が必要になった事態を乗り切りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。