即日融資のキャッシングを利用すると返済で悩む人が多い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

即日融資に対応したカードローンはとても多くなっています。

大手の銀行や消費者金融のカードローンは、即日融資に対応していないものの方が少なくなっているくらいです。申込んだ当日にお金の借り入れが可能な即日融資。とても便利なサービスですよね。

ですが注意点が一つ。即日融資で借り入れたお金は、返済に窮してしまうケースが多くなっているのです。その理由と、即日融資で借りたお金の返済で苦労しないための対策も考えておきましょう。

どうして即日融資で借りると返済が苦しくなるのか?

即日融資というサービスは、メリット、利便性ばかり見ればとにかく良いところばかりのサービスです。ですが、即日融資に潜む落とし穴に気をつけておかないと、キャッシングに足元をすくわれてしまいますよ。

簡単に手に入ったものには関心が薄くなる

人間というものは、手に入れるまでに苦労すればするほど、手に入ったものを大切に扱う兆候があります。

即日融資は申し込んだ当日に、手軽にお金を借り入れることができるサービス。現在返済能力をしっかり備えている人なら誰でも、問題なくお金の借り入れが可能です。

借りる難易度と返済する難易度の勘違い

即日融資でお金を借りる難易度は、ハッキリ言って低いです。特に大手消費者金融のカードローンならば、即日お金を借りるのにそれほど苦労はしないはず。

しかし即日借りたそのお金を返済する難易度はとても高いです。毎月の収入の中から元金の返済と、金利で発生した利息の支払いまで行う苦労は計り知れません。

そのか「借りやすさ」と「返しにくさ」を必要以上に混同しないこと。これが即日融資と賢く付き合っていくコツです。

消費者金融や銀行も「すぐに返済してほしくない」

ですがお金を貸し付ける側としては、すぐに返済完結してほしくないと思っていることをご存知でしたか?

返済期間が長引けば長引くほど業者としてはうれしい

その理由は簡単です。返済期間が長引けば長引くほど、多額の利息を徴収できるからです。お金を貸し付ける消費者金融や銀行側としては、スパッと即日多くのお金を借りて、なるべく長い間返済を続けてほしいと思っているのです。

即日融資でお金を借りても円滑に返済するコツ

ではどうすれば、即日融資でお金を借りても、その後の返済を円滑に進めることができるのか。その「賢くキャッシングを利用するコツ」をご紹介します。

お金の借り入れ目的を明確にする

まずは「お金を借り入れる目的」を改めて明確にしておくことが大切です。「カードローン」や「フリーローン」ならば、借り入れたお金の利用意図は自由となりますが、だからといってだだらな目的でお金を使うべきではありません。

自分は何のためにお金を借りるのか? その目的を果たすためにはいくらのお金が必要となるのか? それらの目的を改めてしっかりと思い返しておきましょう。

借入額に対して返済計画を立てる

自分が借りた金額を返済完結するためには、どれくらいの時間が必要になるのか。その「返済計画」を立てておくことも大切です。

少しでも短い期間で、借り入れたお金をすべて返済すること。そして金利で発生した利息の支払いもすべて終わらせてしまうこと。それが大切です。

もちろん余裕があるなら、予定を繰り上げた繰り上げ返済も忘れずに行うようにしましょう。

借金をしている自覚を捨てない

即日融資でお金を借りると、簡単に借りられ過ぎて「借金している」意識が抜け落ちてしまう人が多いです。ですが簡単に借りたからといってアナタがしたのは紛れもない「借金」。借りたそのお金はしっかりと返さなければならないのです。

即日融資に惑わされてはいけません。返済完結というゴールを常に意識しながら、借り入れたお金を使っていきましょう。

メリットばかり注視しない

「即日融資」のメリットばかり見ようと思ったらたしかに簡単です。あらゆる支払い締切に間に合うでしょうし、今すぐ旅行に出かけることだってできるでしょう。

しかし、即日融資には多くのデメリットも存在します。たとえば、即日融資に対応したキャッシングサービスは、借り入れハードルを引き下げた事により金利が高くなっている傾向にあります。

そのような「不都合な真実」にもしっかり目を向けて生活を送ることが、正しい未来を迎えるための秘訣です。

まとめ

即日融資でお金を借りたいと思ったとしても、ちょっと待って下さい。

即日融資でお金を借りた後落とし穴にはまり込んでしまう人は多いです。即日融資の裏に潜む落とし穴に落ちてしまわないように、即日融資のデメリットにもしっかり注視して、賢くキャッシングサービスを利用しましょう。

消費者金融や銀行は、「なるべく返済に苦労して欲しい」と思っているのです。債権者の思惑に乗らないようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。