無職でもお金を借りることはできるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お金が必要になるシーンは誰でもあるものですが、無職の人はやはりお金が借りにくいという印象がありますよね。
実際のところ、無職の人でもお金を借りることは出来るのでしょうか?
出来るとしたら、どのような条件がそろっていれば実現可能なのでしょうか?


無職の種類によっては比較的スムーズにお金を借りることが可能?

専業主婦はお金を借りることがしやすい

無職の中でも、専業主婦は比較的お金を借りることがスムーズに進めやすい立場です。
会社員としての在籍がないだけで、家事に従事し、その分お金を稼いでいる人が別にいる立場、とみなすことが出来るからですね。
配偶者貸付という名前の制度で、お金を借りるシステムを整えているところも少なくありません。
ただしこの場合は、金額や利用する金融機関によってもお金を借りる難易度は変わって来ます。
また、専業主婦がお金を借りる上で、配偶者をはじめとした家族の在籍確認や源泉徴収票を提出しなければいけない場合もあるので、きちんと規約をチェックしてお金を借りる申込みを進めるようにしましょう。

学生は制限ありでお金を借りることが出来る場合もある

学生であっても、キャッシングやローン、クレジットカードのようなシステムを利用できる場合があります。
ただし、未成年では利用できないサービスも多いですね。
学生のうちは保護者が保障してくれなければ出来ないところがほとんどですね。
ローン等の長期的な返済プランでお金を借りることになる場合は特にその傾向が強いです。
場合によっては、お金を借りるために金融機関から保護者の在籍確認や源泉徴収票等の書類提出、信用情報の参照などが行われるようになっています。


無職でもお金を借りることが出来る金融機関はどこ?

消費者金融よりは銀行の方が借りやすい

無職である場合は、やはり返済能力に不安が残るため、消費者金融からお金を借りることは難しい傾向にあります。
その中でも、銀行のカードローン等は、比較的無職でもお金を借りることが可能な場合が多いです。
専業主婦であれば、配偶者に安定した収入があることで、お金を借りることが出来るようになっているパターンがたくさんあります。
銀行によっては、即日融資が可能な場合もありますし、インターネットを利用して手軽に申し込むことも可能になっています。
銀行でお金を借りるメリットは、やはりその金利の低さにあります。
その分、一度に莫大なお金を借りることは難しい場合が多いですが、低金利で返済額を抑えることで、キャッシングをより効果的に進めやすいと言えるでしょう。

学生専用のキャッシングサービスも利用できる

保護者の収入や学生としての身分が保証されていることで、無職の学生でもお金を借りることが出来るプランはたくさん用意されています。
もちろん、ヤミ金融じみた学生ローンを利用してはいけません。
金利や返済プランを確認した上で、金融機関として身元が明らかなきちんとしたところからお金を借りるようにしてください。

条件つきでお金を借りることが出来る場合もある

無職でもお金を借りることが出来るけれど、その金額に大幅な条件がつくところは少なくありません。
希望の融資金額と、実際に借りられた金額に差が出る場合も多くなっています。
特に医療費のような緊急の出費の場合は、よりスピーディーで的確な対応が必要になってきます。


無職の人がお金を借りるコツとは?

在職中にキャッシングの申込みをしておく

よりスムーズにお金を借りるためには、やはり無職よりは定職についている方が圧倒的に有利です。
無職になる予定で、かつお金を借りる予定がある人は、在職中にキャッシングやローンの手続きを進めておきましょう。
お金を借りるときに企業に在籍確認をしてもらえれば、お金を借りることは可能です。
あとは無職になったあとも、きちんと計画通りに返済をしていければ良いからです。

アルバイトやパートを始める

フリーターであっても、無職でなければお金を借りることが出来るところはたくさんあります。
返済できるだけの収入があれば、金額こそ高くない場合も多いですが、キャッシングをはじめローンを組める場合もあります。
お金を借りるために、一時的なものでも良いので、パートやアルバイトを始めるのは方法のひとつでしょう。

人材派遣会社に登録する

人材派遣会社に登録するだけで、「無職」には分類されないタイプの金融機関もあります。
登録会でまず登録することが出来る人材派遣会社は多いので、実際に働き始めていなくても、在籍確認などの不安を減らすことが可能です。


まとめ

無職の人がお金を借りるためには、条件が厳しい場合も少なくありません。それでも上手にコツを意識することで、お金を借りることは可能になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。