カードローンの返済は踏み倒しできない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

借り過ぎてしまったカードローンの返済に、頭を抱えている人は決して少なくありませんよね。
実際に借り入れしたカードローンの返済が、どうしてもできない状態になってしまった場合、その借金を振り倒すことは可能なのでしょうか?


債務整理として自己破産をする

カードローンをはじめとして、キャッシングを含めた各種借金類返済の清算方法のひとつです。
裁判所を通した正規の手続きであり、借金そのものを帳消しにすることが出来るシステムとして認識されています。
自己破産は「破産申告」とも呼ばれるもので、「破産を宣告した状態」ということになります。
この人は、カードローン等の返済ができないほどお金がない、と宣言している状態ですね。
返済が不可能になっているというだけで、支払い義務自体は負っています。
しかし、自己破産を行うことによって、債権者からの取り立てからは解放されることになります。
カードローンの返済ができない状態になってしまったとき、まず選択肢のひとつとして考えると良いでしょう。

自己破産におけるデメリットとは?

自己破産とは、誰しも一度は耳にしたことがあるカードローンの返済対策であると同時に、デメリットもいくかつ存在しています。
まず、破産宣告をした場合、原則的に20万円以上の価値がある財産はすべて没収されることになっています。
自動車や高級な機器、有価証券や家具家電なども対象になります。
また、自己破産から七年間は、他のどのようなカードローン、キャッシングなどのサービスを利用することは出来ません。
住宅ローンなども組むことはできない状態になりますね。
クレジットカードを作ることもできなくなりますし、賃貸物件などの審査も非常に厳しくなってしまいます。
また、弁護士や行政書士、税理士をはじめとして、様々な職資格を喪失してしまったり、民法上の後見人などになれなくなってしまったりします。
カードローンの返済ができないと判断しても、自己破産は安易に行わず、慎重に返済プランや債務整理を考えて進めていくようにしましょう。

連帯保証人の存在に留意しよう

カードローンにおいて連帯保証人がいる場合でも、自己破産の手続きを進めることは可能です。
ただし、あなたが破産宣告によって返済できないことが認められたとしても、連帯保証人も併せて自己破産を行っていない限り、今度は保証人サイドに返済義務が残っている状態になります。
金融企業によっては、この段階で連帯保証人に対する取り立てを始める場合も多いため、決して自己都合だけで処理せず、返済できない状態と相手方の事情も考えて、詳細な連絡を取り合い、適切な行動をとるようにしましょう。


時効を成立させる

カードローンなどによってつくってしまった借金が返済できない場合、「時効援用」によって借金を踏み倒す方法があります。
これはその名前の通り、借金の時効まで返済を行わないことで成立する方法です。
実際のところ、簡単なようでとても難しく、実現はなかなかできない場合が多くなっています。

時効援用を成立させるための条件

借金の時効援用を適応させるためには、大きくわけて三つの条件を満たしている必要があります。
まず大前提として、カードローン等でつくってしまった借金の時効となる期間が経過していることです。
金融会社から、個人への融資時効は五年です。
信用金庫や信用組合などから借りた場合や、友人のような個人同士のやり取りの場合は十年が時効期間です。
それに加えて、借金を一切返済していないとも含まれます。
そして、時効援用のための手続きを適切に進めた場合のみ、借金を踏み倒すことが出来ることになります。

時効カウントが変わる場合がある

返済できない借金の時効ですが、場合によってはカウントが中断されたり、ふりだしに戻されたりする場合もあります。
金曜会社が裁判を起こしたり、郵便や口頭で催促を受けた場合、あるいは差押えをされた場合は、返済時効までの期間がストップしたり、カウント数が変更されたりする可能性があります。


基本的に踏み倒しは考えない方向にすべき

正規の手続きや権利であったとしても、やはりカードローンをはじめとして、各種借金類は返済の義務が生じて当たり前のものです。
そのため、まずは返済できない状態になってしまわないよう、カードローンやキャッシングの計画的な借り入れと、的確な返済プランの設定が重要になります。
万が一、借金が返済できないと判断しても、尚早な判断は禁物です。
債務整理や資産管理を行い、他者に極力迷惑をかけることがないよう、借金が返済できない状況を抜け出せるようにしてみましょう。
カードローンをはじめとして、借入先を一本化したり、過払い分を取り戻したりすることで、返済できない状態を変えられる可能性もあります。


計画的なキャッシングを

カードローンなどの借金は、計画的な利用が大前提です。
その上で、もしも返済できない状態になってしまったら、的確な対応を行い、借金整理を行って生活を立て直していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。