複数のキャッシングを利用している場合はおまとめローンすべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

銀行や消費者金融など、複数の金融業者からキャッシングしている場合は、おまとめローンなどのサービスに切り替える人が多いですよね。
キャッシングによる借金は、おまとめローンで一本化した方が良いという意見はたくさんあります。
具体的には、おまとめローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか?
また、実際に複数の借金を一本化する際に、気を付けなくてはいけないポイントはあるのでしょうか?


キャッシング返済を一本化するメリットとは?

複数の借入先を一本にして分かりやすく出来る

キャッシングによって発生した借金の返済先を、複数から一社のおまとめローンに絞ることで、単純に返済日を減らすことが出来ます。
借金の返済において、返済日が複数あるということは、それだけで支払いに関する負担が増えることになります。
複数の返済先があることで、精神的にも落ち着かない人も多いですよね。
いくつも返済しなくてはいけないところがあると、どうしてもキャッシング返済におけるストレスもたまりやすい傾向にあります。
また、借金額や返済状況も、複数の会社から借り入れをしていることで、把握しにくくなってしまいます。
おまとめローンで借金を複数から一本化することで、負担を減らし、借金額を明るくし、返済における状況をより透明化し分かりやすくすることが可能です。

支払い利息額を抑えることが出来る

キャッシングによって複数の借入先を作ることで、金利の支払いの都合上、どうしても返済の総額は高くなりやすいです。
おまとめローンを利用して、借金を一本化することで、金利を低くし、全体の返済金額をぐっとおさえることが可能になります。
基本的に、借入金額は高いほど金利は低くなる仕組みになっています。
実際の金利は、あなたが借り入れをする金額や、おまとめローンを利用する金融機関にもよるので、注意してチェックしてみてください。


キャッシング返済をおまとめローンにするデメリットはあるのか?

あくまで借金そのものが減るわけではない

複数のキャッシングの借金をおまとめローンで一本化することで、しばしば混同されることもあるのですが、あくまで借金は減額されるわけではありません。
おまとめローンで複数をひとつの借入先に統一することで、借金を返済しやすくなるだけです。
また、金利の切り替えが出来るので、おまとめローンの方が今後支払う金利分がお得になる可能性もあるだけです。
債務整理のように、キャッシングで出来た借金そのものが減るわけではないので注意してください。

借金を増やしてしまう可能性もありえる

おまとめローンで複数のキャッシング返済を一本化することで、返済そのものがとても楽になります。
その一方で、複数の借入先を整理することが出来るため、借金が増えるきっかけになってしまうことも少なくありません。
そうなってしまうと、むしろおまとめローンによって複数の借入先を整理するどころか、借金のそのもの増額に繋がってしまう可能性もあります。


おまとめローンを利用する際のポイントとは?

現在のキャッシング状況を整理しよう

複数のキャッシング先から、おまとめローンに申し込むには、まず現在の自分の借り入れや返済の状況を整理するところから始めましょう。
どこからいくら借りていて、金利はいくらで、返済日はいつなのか。
いつ利用したキャッシングなのか、完済予定日はいつなのかもチェックしなくてはいけません。
更に、現在のまま複数の企業に返済を続けると、利息総額はいくらになるのか、返済総額はいくらになるのかも確認しておきましょう。
これらをまとめた上で、より適したおまとめローンを利用するのが適切です。

おまとめローンを利用しやすくするためのポイント

複数のキャッシング先を整理することが出来るとはいえ、おまとめローン自体も借金のひとつです。
当然ながら、利用するためにはおまとめローンを提供している金融会社の審査に通過しなければいけません。
返済能力が整っていなければ、どうしても審査は通りにくくなってしまいます。
雇用形態や資産状況をはじめとして、これまでのキャッシングをはじめとした金融の利用状況なども詳しくチェックされます。
場合によっては、複数の借入先を整理したくても、希望通りのおまとめローンが利用できない可能性もあります。
審査を通過するための周辺整理や書類の準備、的確な手続きなどを心がけていきましょう。


まとめ

複数のキャッシング先を利用していた場合、思い切っておまとめローンで借金を一本化するのも手のひとつです。現在の状況を整理して、より適している場合は、おまとめローンに切り替えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。