審査で不利な職業はあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カードローンやクレジットといった商品を申し込むにあたって必ず行われる審査。自分の職業では審査に通らないかもしれないと心配になる人も多いかと思います。
審査において職業は重要視されるポイントの一つで、職業によって審査の通過率が変わってきます。しかし、実際に審査に通りやすい職業や通りづらい職業はどういったものなのか疑問に思う人も多いかと思います。


審査に最も通りやすい職業は?

カードローンやクレジットのなどの審査で最も通りやすいと言われているのは公務員です。
公務員は不景気でも年収が左右される事がなく、毎月決まった給料が必ず支払われます。またボーナスも景気に左右される事なく支払われるので他の企業と比べかなり安定していると言えるでしょう。
また、公務員という職業は日本が滅びるような事が無い限り倒産する事はありえません。公務員は銀行や消費者金融からしてみれば安定かつ継続的な収入を得ている証明と言っても良いでしょう。その為、審査の際に公務員という職業は最も審査に通過する確率が高いと言えます。
公務員には国家公務員と地方公務員がありますが、その二つの信用度に差はありません。
公務員以外にも士業(弁護士や司法書士など)や大学の教授などが審査に有利と言われています。


審査に最も通りづらい職業は?

公務員に対して審査が最も通りづらい職業と言われているのはキャバクラやホストクラブ、風俗といった水商売になります。水商売は将来的に継続した収入が不透明で、毎月の収入も不確定な職業と言われています。
水商売で収入を得ている人の中にはサラリーマンの何倍も稼ぐ人がいます。もちろん水商売でも稼いでいる人であればそのポイントはしっかり審査で評価されますので、審査通過率は上がります。
しかし、水商売という職業で稼げていたとしても今後大金を稼いでいけるとは限りません。
例えば1000万円稼いでいたキャバ嬢が病気で長期間仕事を休み、復帰した時には人気が落ちて収入が激減するといった可能性もあるのです。正社員にはそういった可能性はありません。その為、水商売は審査に通りづらい職業の一つと言えるでしょう。


正社員でも審査に通りづらい職業はある?

正社員でも職業によって審査の通過率が落ちる職業は主に運送業と言われています。
理由としては、運送業は事故に遭う可能性が高い職業だからです。また比較的に離職率が高い職業として運送業界が上がる事が多く、そういった点でも審査に通過しづらい理由として上げられます。その他にも離職率が高いパチンコ店員や危険度が高い建設行などが審査に不利な職業として挙げられます。しかし、以上の職業以外に就く正社員と比べて大幅に審査通過率が下がるという訳でもありません。

アルバイトやパートでも審査に通りやすい職業は?

アルバイトやパートで審査に通りやすい職業というのはあまり聞いたことがありません。例えアルバイト先が知名度の高い大手企業で仕事していたとしても雇用形態がアルバイトであれば大手企業でアルバイトしているという点はあまり評価されません。
アルバイトやパートで重要視されるポイントは職業よりも毎月収入をしっかり得ているか、勤続年数は長いかというポイントです。毎月の給料が低くても勤続年数が長く、しっかりと収入を毎月得ていれば審査の通過率は上がります。しかし、正社員よりも高額な限度額でカードローンなどを利用するのは難しいと言えます。


自営業や個人事業主の審査通過率

自営業や個人事業主といった職業は審査に通りにくいと言われています。理由としては水商売と同様、将来的に継続かつ安定した収入が得られるかどうかが明確ではないからです。
しかし、現在の事業計画や収入の証明で高評価を得た場合は自営業や個人事業主といった職業の人でも十分審査に通過する事は可能です。しかし、経営が傾いている、生活できるだけの収入が毎月しっかりと得られていない場合は審査通過が厳しいと言えるでしょう。
このように働いた分だけ稼げる完全歩合制の職業は審査通過率が低く、自営業や個人事業主以外にもアーティストや芸能人といった職業でも同じ事が言えます。


まとめ

審査に不利な職業は主にキャバクラやホストなどの水商売が多く挙げられます。その他にも事故などにより返済不能となる可能性が高い運送業や建設業、離職率の高いパチンコ店員です。
しかし、以上の職業で収入を得ている場合でも勤務先の規模や知名度、契約者の勤続年数などによってはそこまで不利な職業でもありません。運送業や建設業でも知名度の高い大手企業で働いている、もしくは勤続年数が長い。水商売でも勤続年数が長く安定かつ継続的に収入をえていれば審査にそこまで不利になるという事はありません。
その他、自営業や個人事業主といった職業でも銀行や消費者金融に事業計画書や収入証明書などでしっかりと安定して収入を得ている事が証明できれば正社員と比べて審査通過率が大きく下がるという事もありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。