クレジットカードのキャッシングってどうなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最近ではキャッシングを単体で使っている人よりもクレジットカードのキャッシング機能を利用している人が多いのではないでしょうか?
突然、まとまった現金が必要になった時でもクレジットカードのキャッシング機能を利用して銀行やコンビニなどに設置されたATMで限度額範囲内の現金を引き出す事ができます。


クレジットカードにあるショッピング機能とキャッシング機能はどう違うの?

ショッピング機能は主にクレジット会社加盟店で利用する事ができ、手元に現金が無くてもクレジットカードを店員に提示するだけで商品の購入をする事ができ、後にその購入した商品の金額が利用者に請求されます。簡単に言えばクレジット会社が商品代金の肩代わりをしてくれているという事です。その為、ショッピング機能を利用して現金を借りる事ができません。
キャッシング機能はショッピング機能とは逆でキャッシング単体ではカードを提示するだけで商品を購入する事が出来ません。しかし、銀行やATMを利用することで現金を借入する事ができるので、急な出費でどうしても現金が必要な場合などに便利な機能です。
基本的にクレジットカードにはこのキャッシング機能が備わっているので、ショッピング機能が利用できないお店でも現金を借入できるキャッシング機能を使うことで商品の購入が可能となります。


ショッピングできる限度額とキャッシングできる限度額は違う?

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠というものが存在します。
ショッピング枠はクレジットカードでショッピングできる限度額、キャッシング枠はクレジットカードでキャッシングできる限度額を指し、基本的にキャッシング枠はショッピング枠に含まれています。
例えばショッピング枠が70万円、キャッシング枠が30万円だとしたらクレジットカードの限度額は70万円です。ショッピング枠で50万円の買い物をした場合、ショッピング枠に含まれているキャッシング枠は20万円になり、その後10万円のキャッシングを行えばショッピング枠キャッシング枠ともに10万円となります。
ショッピング枠が70万円、キャッシング枠が30万円あってもキャッシング枠はショッピング枠に含まれるため、合計で100万円使えるという訳ではありません。
クレジットカードを利用する際は以上のことに注意して下さい。

クレジットカードのキャッシング、そのメリット

クレジットカードのキャッシングのメリットはやはり、クレジットカードで現金の借入を行う事が出来るポイントではないでしょうか。
クレジットカードが利用できないお店や急な出費にも近くのコンビニなどで現金を借入する事が可能なので、急な場面でも対応する事が可能です。
また、カード会社によってはクレジットカードのキャッシング機能を利用して海外のATMから現地通貨でお金を借入できるといった機能も備わっています。出張や旅行の際に海外で急な出費が発生した時にも対応できるので海外に行く機会が多い人には非常に便利な機能と言えるでしょう。

クレジットカードのキャッシング、そのデメリット

クレジットカードのキャッシングでデメリットとして多く挙げられるのが金利の高さと限度額の低さです。基本的にクレジットカードのキャッシングは金利が年18.0%と高い設定です。その為、キャッシング返済を一括ではなくリボ払いや分割払いにした場合はその分、返済負担が大きくなります。また、クレジットカードのキャッシング枠は10~30万円と低めです。高額な出費はキャッシングで対応する事はできません。
金利が低く高額な限度額を希望する方は別途銀行カードローンを新規で申し込む事をお勧めします。


返済について

ショッピング枠とキャッシング枠の返済は別という場合がほとんどです。例えばショッピング枠をリボ払いで毎月1万円支払っている状態でキャッシングを利用し返済方法リボ払いを選択した場合、毎月の支払は元々支払っていたショッピング枠プラスキャッシング枠の返済額となる為、毎月の返済はショッピング枠とキャッシング枠で2重の返済となります。ショッピング枠とキャッシング枠がまとまるという事はほとんどありません。その為、負担を考えてキャッシングは基本的に一括払いで済ましてしまうという人がほとんどです。
また、キャッシングにはボーナス一括払いというものも存在しますが、最近ではボーナス一括払いに対応しているお店も少ないため注意が必要です。


まとめ

クレジットカードのキャッシングは急に現金が必要な時に役立つ機能ですが、金利が高く限度額も少ないというデメリットもあります。その為、利用しすぎると毎月返済しているのに返済額が全然減らないと感じる事が多くなるかもしれません。
また、クレジットのキャッシングはショッピング枠とは別返済となる為、キャッシングを利用した分だけショッピング枠の返済額と2重になり返済が困難となる可能性も少なくないのでそういった点をしっかり理解した上で利用すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。