プロミスの審査で審査落ちになってしまう人の特徴は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
住宅でPCと悩む女性

プロミスの審査通過率は最新の情報では42.7%です。これは大手消費者金融の中では割と一般的なもの。この数字から見られるのは、プロミスの審査基準は大手消費者金融の設定では一般的な設定だということです。
とはいえ申し込んだ人の約半数が審査落ちとなっているということは、そこに必ず理由があります。
審査落ちとなってしまう人には皆似たような傾向があります。その理由に対応することができれば、まず審査に落ちてしまうことはありません。自分はここが弱いとわかっているならその情報に対応しておきましょう。
意外と多いのが申し込み情報に誤った情報が記載されていたケースです。一番簡単な審査対策が申し込み情報を正確に記載するということなのです。

審査に落ちてしまう人の特徴

プロミスに限らず、審査落ちとなってしまう人の特徴には総じて似たような特徴があります。消費者金融や銀行の審査基準として見られる要素は多く様々な要素を見られることになりますが、まずはここで見た情報をカバーして審査対策を行っておきましょう。

申し込み内容に誤りがある人

プロミスなどネット申し込みに対応した消費者金融への申し込みは公式ホームページを利用します。そこで入力する情報に誤りが見つかった時点で審査に落ちてしまいます。申し込みの際には書類も提出しますが、ここで提出する書類に不備があっても審査に落ちます。
まずはここで申し込む情報を正確に届け出ることを心がけましょう。
また嘘の情報を届け出るのもやめましょう。例えば多いのが職場や年収の情報で嘘をつくパターン。これは後の在籍確認で嘘がバレてしまいます。

属性が業者の設定する審査基準を満たさなかった人

属性とはその人が持つ収入など生活の安定感を表す情報。この情報をスコアリングで審査され、その属性がプロミスの審査基準を満たせば無事に審査通過となります。消費者金融の審査では主に年収の額より定期的な収入であることを重視され、パート・アルバイトでも小額の限度額ならば審査に通ることが多いです。

信用情報に問題が残っていた人

多いのがこれに当てはまる人です。プロミスなど大手消費者金融は信用情報に少しでも問題が合った時点で審査を通過するのはかなり難しくなってしまいます。信用情報とは、過去現在のキャッシング情報を表したもの。
現在どこに申し込んでおり、どこからどれだけお金を借りているのか。その情報です。過去の返済遅延など金融事故もここに記載されてしまい、審査の際この情報を見られて落ちてしまうことになります。

属性もスコアリングで審査される

信用情報だけでなく、返済能力に直結する収入など生活力に直結する部分の情報です。収入が多ければ多いほど属性の値は大きくなります。その他居住形態が賃貸より持ち家の方が審査で有利な属性です。
収入をもらっている会社に働いている期間、勤務先の情報も審査に影響します。パート・アルバイトでも審査に通るでしょうが、当然正社員として働いている人の方が審査で有利です。同居人がいるかどうかも、返済に係る情報として扱われます。これらの情報が加点形式で審査され、審査基準を満たすことができれば、プロミスの審査に通ったことになります。

職業で有利不利はある?

パート・アルバイトでも審査に通るとは言ったものの職業が安定しているほど審査で有利です。とは言え職業というより働き方が審査対象です。その仕事で得られる収入が定期的で安定したものか。基本的にはそこを審査されます。

審査で不利な職業とは?

個人事業主や芸術家は審査で不利です。人気商売や、自分の働き方で収入が左右される個人事業主は審査で不利にみなされてしまいます。収入が途切れてしまう危険があるからです。収入が安定しない職業についている人はその他の情報で補うしかありません。
クレジットカードヒストリーや完璧な信用情報などです。

お借入診断も利用して

プロミスは本審査と別に簡単な入力項目の入力によって仮の審査結果を受け取ることができるお借入診断というサービスがあります。こうしたサービスは実は珍しく、プロミスのように設定している消費者金融は珍しいです。
自分がお金を借りることができるのかどうか。あらかじめ知っておくことは大切です。生年月日と年収と他社借入金額の3項目を入力すると借入可能がどうか、目安の情報を知ることができます。
あくまで仮の審査結果となりますが、本審査と大きく変わることはありません。審査で不安なら利用してみましょう。意外と多いのが、申し込み情報が間違っているというものです。まず申し込み情報に誤りや偽りのないように申し込んでおくことが大切です。
仮にプロミスへ勤務先などの情報を偽って伝えたとしても、審査の最後にある在籍確認でその嘘はバレてしまいます。

消費者金融と銀行の審査基準は違う

一般的に消費者金融と銀行の審査基準は異なる設定が組まれています。銀行の方が消費者金融より厳しい審査基準を設定されており、審査通過率はかなり低くなっています。大手消費者金融の審査通過率は一般的に50%前後となっていますが、おそらく銀行の審査通過率は20%ほど。
その理由はやはり銀行の方が属性を厳しく見られるためです。中には年収の申し込み基準が定まっている銀行があるくらいで、かなり厳しくここを審査されます。同時に複数社申し込むのは審査で不利です。
審査に自信が無いならば比較して厳選した消費者金融へ申し込み、まずはキャッシングの履歴を作るか、審査の甘いクレジットカードを使うことでクレジットカードヒストリーを持っておきましょう。

まとめ

審査落ちしないために大切なことはまず申し込み内容に嘘や誤りを無くすこと。そして大切なのは短期間に複数の消費者金融や銀行に申し込まないことも大切です。審査が不安だからと当てずっぽうに複数の業者へ申し込む人がいますが、その同時申込みによって審査に落ちてしまうことになります。
その他過去のキャッシング履歴に問題がないことも確認しておきましょう。返済遅延など金融事故の情報は5年ほど残ってしまうこともあります。

プロミスの詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。