プロミスの審査申し込み時にウソをつくとどうなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

プロミスからお金を借りようと申し込んで、その際申し込む情報で嘘があったとしたら当然嘘が発覚した時点で審査に落ちてしまいます。社内調査や信用情報の参照で簡単に嘘がばれてしまいます。
プロミスくらいの大手消費者金融になると審査に関するノウハウも長年積み上げたものだからです。収入に関する情報で不審な点があれば提出した収入証明書で真偽がバレてしまいますし、嘘の職場を申し出ても在籍確認ですぐにバレてしまいます。
審査に関する悪質な嘘は警察に通報されてしまうケースがあるくらいです。審査に通りやすくするためにも、正確で嘘のない情報を申し込むことにしましょう。

審査の申し込みでウソがバレた時点で審査落ち

申し込んだ情報はプロミス側によって調べた情報と照らし合わされ、真偽が調査されます。その際不審な点があれば確認の電話がかかることもあります。
在籍確認の電話や確認の電話が困るなら、申込後すぐ在籍確認に関して相談することで、プロミス側が対応してくれる場合も。ちなみに、他にもアルバイト・パートとして働いている割に収入が多すぎるケースでも確認があります。
ウソをついていなくとも、在籍確認がおこなれた会社が詐欺会社であったケースでも審査に落ちてしまいます。

収入の嘘と、その嘘が発覚してしまう理由

収入に関する情報は返済能力に直結しますから、少しでも多くの収入をもらっていた方が審査で有利です。ですから少しでも審査で有利な情報が欲しいと嘘の収入を申し込む人が多いです。
しかしその情報と過去どこかのキャッシングやクレジットカードに申し込んだ時の情報で差異があったとしたらその嘘がバレてしまい、審査に落とされてしまいます。収入の情報で審査に落とされてしまうかもしれないと思っているなら審査が甘い消費者金融に申し込むことにしましょう。

職場の嘘は在籍確認でバレる

意外と多いのが働いていない職場を申し入れる人です。審査の最後に在籍確認があり、プロミスから職場へ直接電話がかかってきます。この電話で職場の人間に聞けば申し込んだ本人が働いているのかはすぐにわかってしまいます。
どうせすぐバレてしまうウソをつくのは辞めて、正直な情報を申しいれてください。本当はアルバイト・パートとして働いているのに正社員として働いているという嘘も収入との照らしあわせですぐにバレてしまいます。

審査で有利なのはどんな人?

嘘をつくのは審査で自信がないからです。それでは反対に嘘をつく必要がないくらいにプロミスの審査で有利なのはどんな人なのでしょうか。
より多くの収入をもらっている方が高い返済能力を持っているとみなされるのは言うまでもありませんが、特に消費者金融はそこを重視しません。歩合制など途切れがちでなければ、たとえ収入が少なかったとしても十分審査に通ることはあり得ます。
収入がそれなりで、正社員として働いているとしたらプロミスより銀行からお金を借りる方が低金利で安定したキャッシングが可能です。
審査はカードローンだけでなくおまとめローンの審査に申し込んだとしても同じです。

まとめ

プロミスの審査において嘘をつくとその嘘がバレた時点で審査に落ちてしまいます。悪質な嘘は警察に通報されることがあるくらいです。嘘の職場の情報で申し込んでも過去の信用情報や在籍確認の電話ですぐにその嘘はバレてしまいます。
プロミスの審査で嘘をつくのは自分の返済能力に自信がないからです。収入が少ないとしてもその収入が安定していれば消費者金融の審査には通ることは多いです。反対に収入が多く正社員として働いている審査で有利な情報を持っていれば、プロミス以外の銀行の審査だって通るはずです。

プロミスの詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。