ノーローンの返済方法は?おすすめの返済方法はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ノーローンの返済方法について知りたいと思っている方は多いはず。借入方法だけでなく、返済方法について思い巡らせておくことではじめて、あなたのキャッシングを円滑なものとすることができます。今回は私が、ノーローンの返済方法について、そしておすすめの返済方法も紹介します。


ノーローンの返済方法とメリット・デメリット

ノーローンの返済方法は全部で4つあります。それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ATMから返済

ノーローンが設定している提携ATMを使って返済できます。提携ATMの種類は以下の通り。

  • 新生銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • E-net

新生銀行のATMと、コンビニATMの名前も見ることができますね。

メリット

メリットはやはり気軽なことです。外出のついででも、お金が必要になったタイミングでも、自分の銀行口座からお金を引き下ろすかのような気軽さでノーローンからお金を借りることができます。
コンビニATMを一通り網羅しているので、ATMの場所に困ることはまず無いでしょう。

デメリット

ATMを使って返済するデメリットとしては、ノーローンはATMの利用で金額に関わらず、ATM利用手数料がかかってしまうことでしょう。
ちりも積もれば山となるです。一度にかかる手数料は安いとしても、後々積み重なっていくとバカにできない金額になります。

振込での返済

ノーローンから指定された銀行口座に、返済するお金を振り込んで返済します。

メリット

振込返済のメリットは、ほとんどありません。

デメリット

返済のためにお金を振り込むと、振り込む手間と時間、そして手数料もかかってしまうのが大きなデメリットでしょう。振込での返済はおすすめできません。

楽天銀行口座を利用してリアルタイム返済

楽天銀行の口座を持っている人に限られてしまうものの、24時間365日いつでも、リアルタイム返済が可能です。

メリット

メリットはなんといっても、ネットから自分の好きなタイミングで返済が可能だということでしょう。ATMの営業時間も、銀行の営業時間にも気を使う必要がありません。
しかも、返済に手数料がかからないのも大きなメリットです。

デメリット

デメリットとしては、リアルタイム返済のためには楽天銀行の口座が必要だということだけでしょう。

自動引落での返済

毎月6日、もしくは毎月26日いずれかに指定の口座から、返済するお金が自動で引き落とされます。

メリット

設定した日取りに、自動で口座からお金が引き落とされるので、返済忘れを防ぐことができるのが大きなメリットでしょう。忘れっぽい人におすすめの返済方法です。
口座から引き落とされる際にかかる手数料も無料です。

デメリット

デメリットはあまりありませんが、口座にお金が入っていない状態では返済できないのが、デメリットと言えばデメリットでしょう。


おすすめ返済方法は?

おすすめの返済方法は、どんな方法でしょうか。

楽天銀行口座を持っていれば迷わずリアルタイム返済

なんといっても、ノーローンは楽天銀行ととても相性が良いです。楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日いつでも、好きなタイミングで借入と返済が可能なのです。
返済でもこの特徴を利用しない手はありません。楽天銀行を持っているなら、迷わずリアルタイム返済を行うことをおすすめします。

無理せず自動引き落としもおすすめ

とはいえ、「楽天銀行口座を持っていない…」という人も多いはず。そんな方には、迷わず「自動口座引落での返済をおすすめします。自動引き落としならば返済の忘れもなく、返済に余計な手間も、手数料も必要ありません。

ATMは繰り上げ返済に使う

ATMからの返済を行うのは、お金に余裕があるタイミングで、予定を繰り上げて行う繰り上げ返済時です。
基本の返済方法を口座自動引き落としの返済を設定しておき、繰り上げ返済の時だけATMを使うのが、より安定した返済方法だと言えるでしょう。


ノーローンからいくら借りて、いつまでに返すのか計画を立てよう

ノーローンからのキャッシングを行う際は、どれくらいのお金をノーローンから借りて、その借りたお金をいつまでに返すのか、借入計画と返済計画を立てておくことをおすすめします。
計画を立てた後キャッシングを行う際には、限度額まで何度でも借りられるカードローンの性質上、小額キャッシングを何度も繰り返す人は多いです。ですが、当初に立てた計画から大きく逸れずにキャッシングを行うようにしましょう。


まとめ

ノーローンの返済方法は4つ設定されているものの、おすすめの返済方法は楽天銀行口座を使ったリアルタイム返済です。24時間365日いつでも返済できるだけでなく、返済に手数料もかからないので、楽天銀行の口座を持っている人は迷わずリアルタイム返済を行いましょう。
他の方法で返済する場合は、返済にかかる手間、返済時に求められる手数料などを総合的に比較して、どの方法で返済するのか決めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。