ノーローンのATMはどこにあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ATMを操作

ノーローンのATMを使いたいけど、どこにあるのかわからない…。
今回は、そんな方に向けて、ノーローンのATMの場所から提携ATMの種類まで詳しく説明します。
それと合わせて、24時間365日利用できる、リアルタイム融資についても詳しく説明します。


ノーローンのATMってどこにあるの?

カードローンでのお金の借り入れ、または返済時にも同じく、一番ポピュラーな方法はATMを使ったキャッシングです。
ノーローンからのキャッシングを行う場合は、ノーローンと提携しているATMを使って借り入れ、返済を行ってください。また後述しますが、ノーローンの提携ATMの種類は多いです。ATMの場所で困ることはあまり無いでしょう。

ATMの利用で手数料がかかる

ATMを使って借り入れ、返済を行うと、利用金額に関わらず利用手数料がかかってしまいます。
一部の提携ATMを除いて、すべて手数料がかかります。一万円までの借り入れ、返済には108円、一万円以上の借り入れと返済には216円の利用手数料がかかってきます。
できるだけ手数料をかけずにキャッシングを行いたい方は、後述する手数料無料のレイクATMの利用、またはネットから行うリアルタイム融資を行ってください。


ノーローンと提携しているATMはどれ?

ノーローンが提携しているATMの種類を紹介します。ノーローンが提携しているのは以下のATMです。

  • レイクATM
  • E-net
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • セゾンATM

これだけでなく、多くの地方銀行ATMが提携ATMに名を連ねています。コンビニATMからスーパー、コンビニATMを網羅しているので、「使えるATMが近くに無い!」なんてことはあまり無いのではないでしょうか。

レイクのATMは利用手数料無料

提携ATMの利用には手数料がかかると言いましたが、同じ新生銀行グループのレイクATMのみ、利用額に関係なく手数料無料です。
レイクATMの営業時間は、ATM設置場所によって多少異なるものの、基本的には平日朝7:30~24:00となっています。レイクATMは、レイクの自動契約機が入っているブース内に設置されています。前もってレイクATMの場所を、ノーローンの公式ホームページ上で探しておいてください。


ATMを使ってできることは?

ATMを使って行うのは、お金の借り入れのみではありません。ATMを使えば、借入れたお金の返済も可能です。

借入

ATMを使ってメインに行うのは、やはりお金の借り入れです。ATMにローンカードを挿入して画面を操作するだけで、まるで自分の銀行口座からお金を引き下ろすかのような気軽さでお金の借り入れが可能です。

返済

毎月定められた返済日に、約定返済額の返済を行うためにATMを使うことができます。最低返済額の返済だけでなく、余裕がある時に予定を繰り上げて行う、繰り上げ返済もATMから行うことが可能です。
約定返済額の返済を行っていても、支払われるのはほとんどが利息のみです。ところが、繰り上げ返済を行うとその返済がすべて元金の返済にあてられます。余裕があるときにできるだけ頻繁に繰り上げ返済を行うべきです。


ATMを使いたくない人のための「リアルタイム融資」

ATMを使ったキャッシングについて紹介してきましたが、ノーローンは、ATMを使わずにキャッシングを行うことも可能です。
楽天銀行の口座に借入れたお金が振り込まれる設定にするだけで、24時間365日利用可能な、「リアルタイム融資」での借入が可能です。
会員ページから簡単に行うことができる「リアルタイム融資」こそ、ノーローンの「何度でも利用できる無利息サービス」に並ぶ、ノーローンの目玉サービスです。

24時間365日キャッシング可能!

24時間365日利用可能なリアルタイム融資ですが、実は最近同じようなサービスを展開する消費者金融や銀行が多くなっています。この背景にあるのはやはり、スマートフォンの普及で、どこからでもインターネットにアクセスできるようになったことがあるでしょう。

手数料も無料!

「リアルタイム融資」のメリットの一つに、「手数料が無料」であるということもあげられます。ATMの利用では、借入金額によって手数料がかかってしまうのは上でも述べた通りです。「できるだけ手数料をかけずにお金の借入、返済を行いたい」と思っている方にピッタリですし、「ちょうど楽天銀行の口座を持っている」方にもうってつけですよね。


まとめ

ノーローンからキャッシングをする際には、ATMのある場所に目星をつけておきましょう。
ノーローンは消費者金融の中でも、提携ATMの種類が多いのも特徴の一つ。コンビニATMだけでなく、多くの地方銀行ATMも網羅しているため、「ATMのある場所が見つからない…」なんてことはないはずです。ATMを利用する際の手数料にだけ注意しておきましょう。
ATMまで足を運ぶ余裕の無い方は、24時間365日利用可能な「リアルタイム融資」を合わせて利用してください。
ATMやリアルタイム融資以外の、ノーローンのキャッシング設定について知りたい方は、「ノーローンの詳細ページ」で詳しい情報を書いておいたので参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。