利便性の高いネットキャッシングにはデメリットも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ネットキャッシングはパソコンやスマホ、ケータイを使って申し込み手続きができます。
手軽にお金を借りられるメリットがあります。
しかし実際に利用してみると、この利便性の高さが逆にネットキャッシングのデメリットになる可能性もあります。


手軽に借りられる=借り入れる頻度が増える

ネットキャッシングはネット上で手続きが完了するので、手軽にお金を借りられます。
そうなるとちょっとお金に困った時に安易に借金をしてしまう癖がつくかもしれません。
その結果、どんどん借金が膨らんでいってしまうデメリットにつながる可能性があります。

多重債務者に陥るリスク

どんどんお金を気軽に借りられるからと借入します。
そしてある時借入限度額いっぱいまで借りてしまって、これ以上ネットキャッシングで借り入れできないとします。
慌てたその人は、もしかするとほかのところで借り入れしてしまうかもしれません。
これを繰り返すことで、結果的に多重債務者に陥るリスクのあるのもネットキャッシングのデメリットと言えるでしょう。


審査が簡単なものの多いネットキャッシングのデメリット

ネットキャッシングのメリットの中で、「審査が簡単」ということを指摘する声も多いです。
審査がスピーディですぐにお金を貸してくれるわけで、急な出費で持ち合わせのない時などには重宝するかもしれません。
しかしこのメリットも裏を返すとデメリットになるかもしれません。

金利の高いネットキャッシングも多い

審査の甘いキャッシングは総じて、金利が高めに設定されていることが多いです。
ですからネットキャッシングで借り入れできたは良いけれども、金利が高めなので利息を多く支払わないといけないデメリットにつながりかねません。
ネットキャッシングを利用するときには利便性の他にも、金利がどのようになっているか確認する必要があります。


機械が故障すれば利用できなくなる

ネットキャッシングは基本的に、インターネット上ですべての手続きを行います。
もしパソコンを使って手続きしているのであれば、パソコンが故障するとネットキャッシングがしばらく利用できなくなるデメリットも考えられます。
パソコンは精密機械で、機能まで問題なく使えていたものがある日突然使えなくなるといったこともあります。
そのような状況に陥るとネットキャッシングが利用できないだけでなく、いろいろと日常生活にもデメリットの生じる恐れがあります。

サーバーの不具合で利用できなくなるデメリット

こちらのパソコン自体には特別問題がなくても、サーバーに何らかの不具合が生じてネットキャッシングが利用できなくなるデメリットもあり得ます。
ネットキャッシングも万全を期し、十分にサーバーが使用できなくなるような不測の事態を回避できるように対策をとっています。
しかしそれでもこのようなトラブルが起きる可能性をゼロにするのは難しく、多少のリスクは伴うのもネットキャッシングのデメリットといえます。


まとめ

ネットキャッシングにはメリットだけでなく、デメリットのあることも十分意識した方が良いでしょう。
特に借金が知らず知らずのうちに膨らむデメリットには注意をした方が良いです。
よくキャッシングのコマーシャルで、「返済は計画的に」というコピーが流れます。
その通りでネットキャッシングのデメリットを回避するためには、計画的な返済ができるかどうかにかかっているといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。