知らないと損!モビットからスムーズにキャッシングする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
時計を見る女性

「短い人生は時間の浪費によっていっそう短くなる。」
時間を無駄にするのは好ましくありませんが、中でもお金の借入に関して時間を無駄にしてはいけません。モビットからお金を借りようと思っているあなたのために、今回はモビットから効率的にキャッシングを行う方法をお教えします。


モビットからのキャッシングで無駄を無くすには?

モビットは申込み方法や、借り入れ方法が多岐にわたる、利便性の高いキャッシングが自慢です。上手にモビットからお金を借りれば、他の方法でお金を借りた場合発生しかねない、時間の無駄を削減することができます。時間の無駄はそのまま、お金を損してしまうことに繋がります。なるべく時間の無駄のないキャッシングを行いましょう。

先にネットから申し込んでおいてから、自動契約機へ

モビットの自動契約機を使った申込みを行うつもりのあなたへ、一つお伝えしたいことがあります。モビットへの申込みで自動契約機を使った申込みを行うのではなく、ネットや電話から申込みを行いましょう。
申し込み後すぐに「十秒簡易審査」の結果が伝えられるので、その結果が審査に通っていればその時点で、自動契約機からモビットカードを発行することができます。その後の本審査が通れば、カードを使ったキャッシングが可能となるのです。
この方法なら、自動契約機のブースにいる時間も5分程度で済ませることが可能です。

効率よく自動契約機を使うメリット

自動契約機を効率的に使ったキャッシングを行うメリットは、外出先でモビットへ申込みが可能だということです。外でモビットへ申込み、そのまま帰宅する流れでモビットの自動契約機を使って、モビットカードを発行しましょう。
現在外出中の方や、カードを使ったATMからのキャッシングをメインに考えている方におすすめです。

土日のキャッシングにも対応

自動契約機を使えば、土日も時間を有効的に使ったキャッシングが可能です。モビットの審査は土日にも対応しており、土日は在籍確認を後回しにしてくれる柔軟さも備えています。

WEB完結申込みでも無駄なくスマート

モビットの目玉サービス、「WEB完結申込み」を使ったキャッシングも、無駄がなく時間を有効活用したいあなたにピッタリです。
しかし、「WEB完結申込み」を使ったキャッシングにはいくつか条件をクリアする必要があります。
まず、申込みに三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座が必要であること。そして、社会保険証がないと審査に通ることができないこと。そして審査の後の借入は、銀行の営業時間との兼ね合いがあり、15時までという制限時間があるということです。

WEB完結申込みのメリット

WEB完結申込みのメリットは何より、外へ出ることなくお金の借り入れが可能だということです。パソコンだけでなく、スマートフォンから申し込むことができるため、ほとんど場所の制限がありません。さらに、WEB上でお金のやり取りを行うため、カードが家に送られてくることもありません。不要な郵送物で家族にキャッシングがバレてしまうこともありませんよね。
モビットからスピーディにお金を借りたいと思っている方だけでなく、こっそりモビットからお金を借りたいと思っている方にもおすすめ。


審査に落ちないことが大切

モビットへ申込み、その審査に落ちてしまっては、時間を効率的に使うどころか、モビットからお金を借りることすらできなくなります。事前にしっかり審査対策を行って、審査に落ちないようにしましょう。

モビットの審査は厳しい?

モビットの審査基準や、審査難易度など、明確な情報は明かされていないものの、モビットの利用規約にはこうあります。

満年齢20才~69才の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)
アルバイト、パート、自営業の方も利用可能です。

安定収入があれば、アルバイト・パートの方でも充分審査に通ることもありそうですよね。
過去モビットへ申し込んだ人の傾向を見ても、大手消費者金融の中においてモビットの審査基準は一般的なものだと言えるでしょう。
・モビットの審査基準や審査難易度は明かされていないものの、利用規約にはアルバイト・パート可の記載があります。
・過去モビットの審査を受けた人の事例を見ても、大手消費者金融の中において取り立ててて厳しいということは無さそうです。「十秒簡易審査」に通った人は、その後の本審査もあまり心配はいりません。


まとめ

モビットは多彩な申込み方法、そして借入方法が用意されている、利便性の高いキャッシングを提供している大手消費者金融です。
モビットから上手にキャッシングを行って、時間を無駄にしないでお金の借入を行ってください。あなたがお金の借入にどれくらい時間をかけられるのか、また、今どんな状況なのか、それにより適した申込み方法や借入方法が変わります。
実際に、「モビットへの申込みを行ってその後の借入を行いたい!」と思っている方はぜひ、「モビットの詳細ページ」から申込みを行ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。