モビットの設定年率について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

モビットの実質年利は3.0~18.0%という消費者金融の中では一般的な金利。これだけの余裕がある金利なら自分が適用されるのは真ん中くらいだろう。そんな甘い気分でいてはいけません。
モビットの設定金利にこれだけ開きがあるのはそれだけ理由があります。モビットの設定可能限度額は800万円。800万円の借入をする時にようやく下限金利3.0%が適用されるのです。十万円や二十万円程度の小額キャッシングでは最高18.0%が適用されることになります。
いくらモビットの設定する下限金利が3.0%と低いものでも、高額キャッシングを行って初めて低金利でのキャッシングが可能なのです。利息の金額に戸惑って返済遅延なんてことのないようにモビットの年率についてもう一度見直してみましょう。

モビットの実質年率とは

モビットの設定する実質年率は3.0~18.0%。実質年率とは、モビットから一年間お金を借りたとしたらどれくらいの利息を支払うのか。その利息を割り出す設定です。カードローンの性質上借入れ期間が一定ではないこともあり、どの貸金業者も銀行も年率で表示することが決まっています。
モビットが設定する金利設定は上限金利が18.0%と消費者金融の中では一般的な設定です。それより低い年率で借入れるためには信販会社か銀行カードローンを利用しなくてはなりません。

モビットは三井住友銀行グループだが?

モビットは三井住友銀行グループの企業です。ということはモビットのカードローンは銀行カードローンなのかと思いがちですが、皆さん知っての通りモビットは消費者金融。総量規制のかかる消費者金融のカードローンです。どうして三井住友銀行グループなのに消費者金融のカードローンなのかというと、あくまで銀行のグループ企業だからです。
三井住友銀行カードローンはもっと低金利で条件の良いキャッシングが可能ですが、三井住友銀行グループのモビットは消費者金融の一般的な設定で借入れることになります。


注目すべきはモビットの上限金利

ついつい下限金利が3.0%と低く設定されていることに目がいってしまいがちです。でもカードローンの利用者が一番考えるべきは上限金利について。カードローンの性質上多くの人がカードローンで小額借入れます。
小額借入れるとしたら、適用されるのは上限金利。特に初回融資は限度額がどれだけ高額でも、審査に強い属性と信用情報を持っていても、小額の限度額が適用されることになります。その際はもちろん上限金利で借入れるので、見ておくべきはカードローンの上限金利です。


金利だけで考えるとモビットは優れた消費者金融とは言えない

モビットが設定する金利3.0~18.0%はカードローンの中でも優れた設定とは言えません。銀行カードローンのほうが低金利のものは多いです。ではモビットはどこが良いのか。それはやはり銀行にはできない早い審査とキャッシングです。「銀行カードローンでは融資まで時間がかかり過ぎる」という方でも、キャッシングが可能です。
他にもWEBだけで申し込みからキャッシングまで完結できるWEB完結キャッシングのサービスなど、サービス面など多角的に比較しないとモビットの良さは見えてきません。


申し込み前にもう一度金利を確認して

モビット以外の業者でも同じですが、申し込む前にもう一度金利の設定を見なおしてみてください。消費者金融のカードローンを利用する人の多くは即日融資を希望している、お金の借入を急いでいる人。急いでいても自動契約機を使って申し込み、またはネットから申し込んでそのままネットキャッシングは時間がかからず簡単で早いです。しかし後で支払い額を見て戸惑うことのないように、事前にしっかりキャッシングを比較してから申込みましょう。
モビットに関する設定年率以外の情報は、モビットの詳細ページで細かく説明しています。ぜひ参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。