新生銀行カードローンレイクから即日融資を受けるためにはどうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
時計とお金を持つ男性

新生銀行グループのカードローンブランド「新生銀行カードローンレイク」も、新生銀行のカードローンながら即日融資に対応しています。

テレビCMでも繰り返されている通り、レイクはスマートフォンからの申し込みで、時間をかけない借り入れが可能。しかし、どんな条件でもレイクの即日融資を受けられるというわけではありません。

今回は、レイクから即日融資を受ける際の注意点について一緒に調べていきましょう。

レイクから即日融資で借り入れる方法

新生銀行カードローンレイクは、即日融資のサービスに力を入れており、いくつかの方法で即日融資を受けられるように設定されています。

それぞれの方法で、メリットデメリットがあり、どの方法が一番良いというのが言いにくいです。ネットと無人契約機の合わせ技が一番確実ですが、その話はまた記事の後半で行います。

もっとも確実な「無人契約機」の活用

レイクから即日融資を受ける方法で、一番確実な方法は「無人契約機」を活用する方法です。

無人契約機からカードを受け取り次第、すぐに近くのATMからお金の借り入れが可能となります。レイクはコンビニATMからの借り入れにも対応していますから、注意しておくべきなのはレイクの無人契約機営業時間だけです。

平日・土曜 8:45~24:00
日曜・祝日 8:45~24:00
毎月第3日曜 8:45~24:00

レイクの無人契約機はかなり営業時間に余裕を持っています。ちなみにレイクの無人契約機から、同じく新生銀行グループのノーローンのカードローン契約を結ぶことも可能です。

平日14時までなら即日振込可能

平日の14時までに振込依頼を出すことで、レイクから即日振込で借り入れも可能です。

振込の時間制限はかなりシビアですから、これからレイクに申し込むという方は、かなり時間に余裕を持った申し込みを行いましょう。レイクの審査は時間がかからず、最短30分審査を可能としていますが、その後カードローン契約にかかる時間を考えると、申し込みが早いに越した事はありません。

土日の振込依頼は翌営業日扱い

平日の14時までに申し込まないと、レイクから即日振込で借り入れることができないのは、銀行の営業時間の関係です。

もしも14時以降、または土日祝日に振込依頼を出した場合は、その振込対応はレイクの翌営業日扱いとなります。これではとても即日振込とはいえませんよね。

レイクから一番確実で速く即日融資を受ける方法

レイクから即日融資を受ける方法についてわかったところで、具体的にレイクから一番速く即日融資を受ける方法について調べていきましょう。

1.WEBからレイクへ申し込み

まず、時間をかけないためにPC・スマートフォンからレイクのサイトにアクセスして、WEB申し込みを行います。

PCから申し込みが、入力が楽なのですが、スマートフォンからの申し込みは「場所を選ばない」というメリットがあります。

申込時に、カードを自動契約機から受け取るとしておいてください。

2.審査結果受け取り

申し込んでからあまり時間をかけずに、レイクからの審査結果が届きます。

審査に自信のある方は、審査結果が来る前に無人契約機のブースへ向かっておいても良いでしょう。

3.レイクの無人契約機でカード受け取り

審査が通っているなら、あとはカードローン契約を結び、レイクの借り入れカードを受け取るだけです。

無人契約機でのカードローン契約の際、「本人確認書類」が必要となります。免許証などを忘れないように持っていくことにしましょう。

4.ブース内のレイクATMで即日融資

レイクの無人契約機ブース内には、レイクの自社ATMが設置されています。わざわざ銀行やコンビニまで行かずとも、ブース内で借り入れを完結できるのです。

これで即日融資どころか、早ければ一時間程度で融資を受けられるはずです。

レイクの審査に落ちてしまわないように注意

「レイクから即日融資を受ける」というつもりでも、レイクへ申し込み、その後の審査で落ちてしまっては意味がありません。

レイクへの申し込み前に、しっかりとレイクの審査通過率を上げられるよう審査対策を行ってください。レイクの審査は決して厳しいものではありませんが、何も考えない状態では審査に落ちてしまうことでしょう。

新生銀行カードローンレイクの審査について、詳しい情報を「新生銀行カードローンレイクの審査基準の設定は?」の中で書いています。

まとめ

新生銀行カードローンレイクは、新生銀行のカードローン扱いにして、即日融資への自由度が高いです。

無人契約機から即日カードを受け取って、そのカードを使ってATMからの借り入れを行うのか、はたまたレイクから即日振込で借り入れるのか、自分の状況に合わせて使い合わせてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。