新生銀行カードローンレイクはコンビニからのキャッシングに強い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カードローンと言えばやはりまだまだローンカードを使ったATMからのキャッシングがメインです。
レイクは自動契約機を使って申しこめば、その場ですぐに借入れで利用可能なカードを手に入れることができます。
そのカードを使ったキャッシングでおすすめなのが、コンビニATMを使ったキャッシングです。レイクはコンビニ提携ATMの利用手数料が無料だからです。
同じ新生銀行グループの「ノーローン」もコンビニATMを一通り網羅しています。ノーローンのキャッシングについて詳しく知りたい方は、「ノーローンの詳細ページ」を見てみましょう。


カードローンのATM手数料の設定は様々

消費者金融や銀行カードローンによりATM利用手数料の設定は様々です。

消費者金融名 ATM利用手数料
プロミス プロミスと三井住友銀行のATM以外は108円~216円
モビット 108円~216円
アコム アコム以外のATMは108円~216円
アイフル 108円~216円

特に消費者金融のカードローンは、提携ATMの種類が多く、自社ATMはもちろんのこと銀行ATMやコンビニATMを使ってお金の借入れ、返済に対応しています。
しかしこの時借入れ金額に応じて手数料がかかってしまい、1万円までの借入れは108円、それ以上の借入は216円かかる業者が多いです。
気軽に限度額までなら何度でも追加融資を借り入れることができるのがカードローンのメリット。ですがここで手数料がかかってしまうと、それが積み重なって、返済の負担も大きくなってしまいますよね。


新生銀行カードローンレイクのATM設定は?

では新生銀行カードローンレイクのATM設定はどんなものかというと、提携ATMの利用は金額に関わらず利用手数料は無料です。
新生銀行カードローンレイクの提携ATMは、

  • セブン銀行
  • E-net
  • ローソンATM

この3つです。銀行ATMは提携していないという弱点はあるものの、コンビニエンスストアATMと提携しており、手数料は金額にかかわらず無料です。
コンビニエンスストアの場所にこまることはないだけでなく、コンビニの営業時間内なら常に営業しているので、借入や返済にATMを利用する時間帯にも制限がかからないのがメリットです。
ATMからのキャッシングをメインに考えているなら、他社のカードローンと比較した上でぜひレイクのカードローンでのキャッシングを検討してください。


もちろん返済もATMから可能

ATMを利用したキャッシングは、お金を借り入れるのにとどまりません。借入れたお金の返済、また借入れたお金の返済と利息の支払いにもATMを使うことができます。
利用する手順は銀行ATMを利用したお金の預け入れと同じ手順です。画面の操作にしたがってお金を返済してください。もちろんこの時かかる手数料も無料です。営業時間にも制限されずに返済も自由にATMを利用してください。

予定を繰り上げて返済を

ATMから自由に返済が可能だという特性を活かして、予定を繰り上げた返済をおすすめします。
月々の約定返済額を返済しても返済完結にたどり着くまでにかかる時間は長いです。最低返済額の支払いだけでは、利息を返済する割合が大きいからです。少しでも早く返済を完結するためには、余裕ができ次第すぐにでも返済することが大切です。
レイクならATMを利用しての繰り上げ返済にも柔軟に対応が可能です。


ネットキャッシングにも対応している

利用手数料が無料であるレイクのカードローンですが、ネットから振込依頼を出して自分の口座にお金が振り込まれる形のキャッシングにも対応しています。
このネットキャッシングはパソコンからのキャッシングはもちろんのこと、スマートフォンからホームページにアクセスしてのキャッシングにも対応可能です。
ATMと同じくネットキャッシングにも手数料がかからないので、ATMに行くう余裕がない場合に重宝します。とはいえ、ネットキャッシングは直接手元に借入れたお金が手に入るわけではないため、キャッシング後すぐに買い物など、実際にお金を使うことができないという問題があります。


自動契約機からカードを受け取ってATMからのキャッシングがおすすめ

ATMからのキャッシングを考えている方におすすめなのが、自動契約機を使った申し込みです。新生銀行カードローンレイクは銀行カードローンには珍しい自動契約機が全国各地に設置されています。
街なかの目立つ場所にあるレイクの緑色に光っている看板の下には自動契約機が必ずあります。
レイクの自動契約機は他社よりも営業時間が長いのも特徴で、24:00まで営業しており、この時間内の申し込みで即日カード発行が可能です。ほとんどの自動契約機ブース内にレイクのATMが併設してあるので、カードを受け取り次第すぐにATMからのキャッシングが可能です。


ATMから気軽に借り入れることのリスク

ATMの利用手数料が無料で、限度額までなら何度でもキャッシングが可能であるレイク。しかしだからこそのリスクもあります。
それはなんといっても「借りすぎてしまう」ということです。気軽に借りられてしまうからこそ、必要以上にお金を借りてしまうリスクもまた潜んでいます。
借入と返済はつねに自分の管理下に置いておき、計画性を持っておくことも忘れないようにしましょう。

新生銀行カードローンレイクの詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。