中小消費者金融ってどんな金融機関?レディースローンはある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

消費者金融で借入をすると言っても業者の形態やサービスは様々あります。最近ではレディースローンなども人気となっていて、女性がレディースローンを使って借入をするケースも増えてきていますが、たくさんCMなどを使って知名度を上げている会社以外にも中小消費者金融と呼ばれるものもあります。どのような特徴があるのでしょうか?


中小消費者金融の特徴

最近では各貸金業者、また銀行系のカードローンでも女性の顧客獲得のためにレディースローンなどを用意しているところが多いようです。
実際こうした利用者たちはテレビや雑誌のCMを見て一度は見たこと聞いたことのある会社で借入をするケースが多いのだと思います。
しかしそうした有名な大手の会社以外にも中小消費者金融と呼ばれる会社もあります。
「大企業」と「中小企業」の言葉のイメージを持っていただければ大手消費者金融と中小消費者金融の違いもなんとなく予想はしていただけると思いますが、会社の規模、さらには審査の基準など色々違いがあるようです。

中小消費者金融は審査に通りやすい?

カードローンなどの契約をしたいと考えた時にまずほとんどの人がちょっと不安に思うのが、自分は審査に通るだろうかという点でしょう。
中小消費者金融は審査に通りやすいという話しもありますが本当のところどうなのでしょうか。
一般的に銀行系のカードローンは審査が厳しいというのが定説です。
しかしこれもそれほど確たる信ぴょう性があるわけではなく、消費者金融の審査に落ちたけどそのあとで銀行系のカードローンの審査に通ったという方もいるので一概には言えないようです。
では中小消費者金融の審査基準はどうなのでしょうか?
これも確実なことは言えませんが、大手のように宣伝をしたりすることができないので、顧客獲得のために多少なりとも審査基準を甘くしているという印象を持つ方が多いようです。


中小消費者金融はブラック企業?

こうした点を考えていくと中小消費者金融はブラック企業なのだろうか?借入をするのは危険なのだろうか?と思ってしまう方もいらっしゃるでしょう。
しかし中小消費者金融は決してブラックな会社というわけではありません。

中小消費者金融は闇金ではありません

漫画などの影響もあってか消費者金融の世界の闇金という部分が強く一般の人たちの脳裏に植えつけられているかもしれませんが、今話題にしている中小消費者金融は決して闇金のことを指しているわけではありません。
きちんと法律に則って金利を設定している金融の会社です。
闇金というのは法律で定められたよりもはるかに高いパーセンテージで金利を設定している貸金業者のことですので、間違えないようにしましょう。

レディースローンでも人気の中小消費者金融

近年女性専用車両や映画館のレディースデーなど女性をターゲットにしたサービスが色々な分野で人気となっています。
消費者金融の世界でも同様でレディースローンを運営している会社が多くあります。
レディースローンを利用する場合、対応スタッフがすべて女性というところがほとんどで、女性の方も安心感を得られるということのようです。
中小消費者金融のなかでも同様の動きがあり、レディースローンを設けているところが多いので、女性のお客さんでも大手のキャッシング会社の審査で落ちてしまった方などは中小消費者金融でレディースローンを利用することができるかもしれません。


レディースローンの特徴は?

女性の方におすすめのレディースローンですが、これはなにか女性だと得する契約内容になっているということなのでしょうか?どんな点に気をつけるべきですか?

さて、先にあげた例のように映画館のレディースデーなどは女性の方が安く映画を観られるという金銭的なメリットがあります。
しかし消費者金融のレディースローンに関して言えば、別段お得なメリットなどがあるというわけではないようです。
あくまで心理的なメリットだけで、女性の方でもこわがらずに安心して相談できるように、女性スタッフオンリーでサポートにあたるサービスがレディースローンというわけです。
それでレディースローンになにか金銭的にお得なメリットがあるように誘い文句をつけているような会社があれば少し用心する必要があるかもしれません。


まとめ

大手の会社の審査に落ちた場合でも諦めずに

大手の消費者金融の審査を受けて落ちてしまうと結構ショックが残るものですが、あきらめずに中小消費者金融の審査を受けてみることをおすすめします。
さらに女性の方であればレディースローンを活用してみるのがよいでしょう。
男性相手だと話しづらい事情や相談があっても、女性スタッフだけで対応するレディースローンなら安心感を抱けるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。