水商売の人も利用しているレディースローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

レディースローンを利用してカードローンを利用している女性のなかには専業主婦の方もいれば水商売の仕事をsいている人まで色々です。
仕事の種類や収入の状況によって借入可能かどうかはかなり違ってきますが、どういったポイントが影響してくるのでしょうか。

水商売の仕事の人でも借入可能?

レディースローンのサービスによって色々と事情を抱える女性の方でも融資の相談がしやすくなってきたのは事実です。
レディースローンでは女性のスタッフだけが対応にあたってくれるので女性からするとやはり正直に色々相談しやすいという面があるのでしょう。
ではそんななか水商売の仕事をしている人はレディースローンを利用して借入をすることが可能なのでしょうか。
結論からいれば借入はもちろん可能なケースはたくさんあります。
それと同時に普通のOLさんなどと比べると審査に落ちる可能性も若干高くなる可能性はあります。

レディースローンは収入の安定度が鍵

レディースローンで申し込みをしたり審査を受ける場合当然女性ならではの収入状況に関しても対応慣れしている女性スタッフによって応対がなされます。
女性でも大手の企業で働いていて、しかも勤続年数が長いとかなり業者としては安心して契約をしてくれるでしょう。
一方で収入の安定度が低いと見られる仕事であれば審査を通るのが難しくなってくるかもしれません。
毎月の収入にかなりバラつきがあったり、将来的に続けていくのが難しいのではないかと思われる仕事などは審査にはマイナス要素となるでしょう。

水商売の安定度

水商売の仕事の方がカードローンの審査で若干マイナスに見られるのは、上述したように月によって収入額に波があり、将来的にこの水商売の仕事を続けていくのかどうか信用を得るのが難しいところにあるでしょう。
これは水商売はある期間に集中してお金を稼ぐためにおこなうものとか、水商売の仕事をする方は水商売系の職場を転々とするケースが多いというイメージのせいかもしれません。
まずは一般的な企業であれ水商売であれ、勤続年数が長いほうが印象がいいので、水商売の仕事をしていても同じお店で長く働いているほうが審査では有利に働くでしょう。

専業主婦の方のレディースローンの利用

専業主婦の方は収入が基本的に無いのでカードローンの利用は難しいのですが、業者によってはこうした専業主婦の方の申し込みを歓迎しているところもあるようです

レディースローンを利用するのはOLさんや水商売の仕事をしている女性だけではなく、配偶者を持つ専業主婦の方も増えているようです。
多くの消費者金融が個人の収入のない専業主婦を敬遠する傾向がありますが、一般のイメージとは逆に銀行系のカードローンのなかには専業主婦の申し込みを歓迎しているところもあります。
最初から諦めるのではなく借入可能なところを探してみると良いでしょう。

審査が通りやすい業者を選ぶ

レディースローンだと審査が通りやすいというわけではなく、会社の規模や特徴によって審査に通りやすいかどうかが決まってきます。

女性の顧客はレディースローンを利用すれば審査に通りやすくて良いサービスが受けられると思い込んでいる人もいますが、実際にはレディースローンも通常のカードローンも審査の厳しさや金利の設定、上限額の設定などは基本的に変わりません。
ですからレディースローンを利用するとしても、審査の通りやすさに関してはもっと別のポイントを見る必要があります。
例えば専業主婦であれば意外と消費者金融よりも銀行系のカードローンのほうが狙い目と言われています。
また水商売の仕事をしている女性であれば、大手の消費者金融よりももう少し会社規模の小さい中小消費者金融などのほうが審査に通りやすいかもしれません。

まとめ 自分の事情に沿った業者に申し込む

今やカードローン、特にレディースローンは本当に様々な立場の方が利用するようになっています。
利用目的も冠婚葬祭やレジャーのため、日常の生活費を補填するため、事業のために借りる場合など様々です。
レディースローンの登場で、以前ならあまり相談の電話すらかけにくかった女性のお客さんでも積極的に最初の一歩を踏み出すようになっています。
水商売の仕事をしている方の場合もお店の種類や規模、職場でのポジションや勤続年数によって審査の通り具合はかなり違うかもしれませんが、きちんと収入がある以上審査を通る可能性は高いと言えるでしょう。
どんな立場の女性でもカードローンに興味のある方はぜひ各会社のレディースローンをご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。