消費者金融のカードローン金利を比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

消費者金融のカードローンで設定されている金利には差があります。誰しも、お金を借り入れるために利用するカードローン金利は低ければ低いほどうれしいはず。

どの消費者金融カードローン金利が低いのか。他のカードローンとどれくらい差があるのか。しっかり比較しておきましょう。

「金利が低い」のは確かに大きなメリットですが、金利にばかり気を取られていては、返済時のギャップに苦しむことになってしまいます。

消費者金融のカードローン金利比較

消費者金融のカードローンを一覧に並べて、設定されている金利を比較してみましょう。

カードローン名 金利
プロミスのカードローン 4.5%~17.8%
アイフルのカードローン 4.5%~18.0%
アコムのカードローン 3.0%~18.0%
モビットのカードローン 3.0%~18.0%
ノーローンのカードローン 4.9%~18.0%

主要な大手消費者金融のカードローン金利を並べてみました。一覧にして見てわかるのは、どの消費者金融で設定されている金利も、大きな差がないということ。

金利最優先で選ぶなら、そもそも消費者金融のカードローンを使ってお金を借り入れるべきではないのかもしれません。

注目すべきは「上限金利」

カードローンの金利を比較して、より注目すべきは、設定されている「上限金利」です。消費者金融のカードローンで借り入れるお金は、多くの場合「50万円以下の小額借り入れ」になるはず。小額借り入れで適用されるのは、上限金利に近い「高い金利」なのです。

「下限金利が低いから低金利のカードローン」だと判断するのはあまりにも短絡的です。自分の借り入れと、適用される金利。それぞれの金利について先に目処を立てておくことで、あなたの借り入れがスムーズで円滑なものとなるはずです。

金利の低いカードローンは審査が厳しい

今回は消費者金融のカードローン金利をお話しましたが、「銀行カードローン」には、もっと低い金利が設定されています。金利が低ければ、返済時に支払う利息の金額も小額に抑えることができるでしょう。

しかし、金利が低いことにもデメリットが潜んでいます。それは「審査が厳しい」ということです。

高い金利で「貸し倒れ」リスクを軽減している

どうして低金利のカードローンは審査が厳しいかというと、「高い金利で多額の利息を請求して、貸し倒れのリスクを減らす」目的があるからです。

利用者が返済不能になり、貸し倒れたとしても事前に多くの利息をもらっておけば、ダメージが少ないというわけです。高金利の消費者金融カードローンが比較的審査が甘めで、利用するハードルが低いのはこのためです。

大手消費者金融の審査も柔軟ですが、中小消費者金融の審査はさらに柔軟です。

高い金利の負担を軽減する方法

「金利が高い」と感じた方も多いはず。初期審査で適用される金利を、あとから引き下げる方法は何かないのでしょうか。どうにか金利を引き下げて、返済時支払う利息の金額を少なくしましょう。

無利息サービスを利用する

大手消費者金融には、一定期間利息が発生しない「無利息サービス」があります。無利息サービスの多くは、借り入れから30日間利息が発生しないというもので、30日間の間に返済が完結すれば支払う利息はゼロです。

消費者金融によって無利息サービスの設定も様々です。例えば新生銀行の消費者金融「ノーローン」ならば、何度目のキャッシング利用でも「1週間の無利息期間」が適用されます。

この無利息サービスを利用すれば、キャッシングの返済時あなたが感じる「返済のストレス」はかなり軽くなるはずです。

限度額を上げる

カードローン審査時に適用される「限度額」が増額されれば、適用される金利も低くなります。限度額は初回審査時に適用されますが、あとから「限度額増額申請」を出して、その申請が通れば限度額が増額されます。

カードローン利用期間がある程度長くなり、消費者金融から「優良顧客」だと認められた時点で、「限度額増額の案内」が届きます。この案内を待つというのも、一つの手です。

限度額増額審査を受ける

限度額増額申請を出すと、消費者金融の「増額審査」を受けることになります。増額審査は初回審査より厳しいと言われており、初回より厳しく収入など「属性」、また「信用情報」も審査されます。

限度額を上げると、利用者が「返済不能」となるリスクが高まるため、消費者金融が増額に慎重になるのも当然と言えますよね。

まとめ

消費者金融の金利には、多少差があるものの、大手消費者金融間では設定に大きな差がありません。

消費者金融の高いカードローン金利の負担を小さくするためには「無利息サービスを利用する」。「適用限度額を増額する」などの方法があります。

金利を最優先にカードローンを選ぶというあなたは、そもそも消費者金融のカードローンではなく、「銀行カードローン」を使って借り入れるべきなのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。