貯金や節制より手っ取り早い!クレジットカードを使って賢い資産運用を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今あなたは、お金と正しい付き合い方ができているでしょうか。

お金を節約するための手段としては、どんなものが思いつきますか?一番手っ取り早いのが、そもそも「お金を使わない」ということがもっとも近道です。

しかし生活していると、そうもいかないもの。最低限生活費を捻出することになるはずなのです。そうした最低限の出費をかしこく支払う方法こそ、「クレジットカードの運用」です。

どうせ同じ金額払うならクレジットカードで

あなたの日々支払う「食費」。光熱費や定期代などの「固定費」。どのように支払っているでしょうか。食費は管理しやすいように現金で支払い、固定費は口座から自動で引き落とされるように設定している人が多いのではないでしょうか。

ですが、その支払い、すべてクレジットカードに切り替えるべきだと私は考えています。

クレジットカードでの支払いでポイントが貯まる

クレジットカードでお金を支払うことによって、その支払額に応じて「ポイント」や「マイル」を貯めることができます。ポイントは後々のショッピングに。マイルは後の旅行に役立てることができます。

1%ポイント還元って実はすごい

ポイント還元率、マイル還元率が1%を超えるクレジットカードが多くなっています。ユーザーが多くなってきている楽天カードなんて、年会費永年無料でポイント還元率が1%という高性能設定です。

1%ということは、例えばカードで一万円の支払いを行ったとしたら「100ポイント」が手に入るということ。1ポイント=1円の価値があるポイントだったとしたら、単純に100円ポンともらったも同じですよね。

現金払いを行ったケースを考えて比較してみれば、そのお得さを実感できるはずです。

クレジットカードによってポイントの貯まり方が違う

上では「楽天カード」を例にあげてポイントの貯まり方を説明しましたが、クレジットカードは楽天カードだけではありません。

クレジットカードの種類によって、単純にポイント還元率も違いますし、どのお店、施設でお得かも変わってきます。

自分の生活シーンに合わせて、自分が持つべきクレジットカードをしっかり探しましょう。

クレジットカード運用にほとんどデメリットはない

クレジットカードのメリットはたくさん見つけることができます。

ポイントが貯まる、支払いに時間がかからずスマート。海外旅行でも安心、そして安全など。

では反対にデメリットは何か無いのでしょうか。メリットが有るところにいつもデメリットも潜んでいるものですが…?

資金管理が必要なことがデメリット

クレジットカードで支払ったお金は、すぐには無くなりません。実際に支払ったお金が手元から無くなるのは、クレジットカードで設定された支払日である翌月か、翌々月です。

それまではしっかりお金の支払いをいつも念頭に置いておき、そのお金をキープしておく必要があります。そこで「管理能力」が求められるのが、クレジットカードのデメリットと言えばデメリットでしょうか。

定期預金にお金を預けても金利は0.01

もっと簡単な資産運用として「定期預金」が思いつく人もいるでしょう。定期預金は口座にお金を入れておくだけで、金利設定にともなってどんどんお金が増えていくというもの。通常の預金口座よりも金利が高いので、利息が高いというイメージがあります。

ですが、昨今の「マイナス金利政策」によって定期預金の金利はガタ落ち。
例えばみずほ銀行の定期預金で設定されている金利はなんと0.01%。0.01%の金利ということは、100万円預けたとしても1年で増えるのは「100円」。ここからさらに税金が差し引かれるので、残るのはさらに小さい金額となってしまうのです。

お金を動かす人のところにお金が集まってくる

「貯めてお得にお金を増やそう」
なんて、都合のいい考えでお金を増やすのは難しいです。

お金は活発に動いているところに集まってきます。お金が出ていったとしても、適切な運用をすれば間違いなくさらに大きなお金として戻ってきます。問題は「お金に対するリテラシー」なのです。

お金は居心地の良さを求める

お金は、お金にとって居心地の良いところに集まってくるという習性があります。生き物ではないので習性というのはおかしいですが、お金を大事に扱おうとする人のところには不思議とお金が集まってくるもの。

自分はどれくらいお金のことを想って、お金を大切に扱っているか考えてみてください。

まとめ

数ある資産運用の中でもっとも簡単で効果が大きいものが「クレジットカード活用」です。

まずは、クレジットカードで日々の支払いを行うことでお金に対する興味を高めてください。クレジットカードでお金に関する関心が高まってきていると、あなたの周りはお金が集まってきやすい状態が出来上がっているはずなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。