年会費無料で利用できるゴールドカードをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ゴールドカード

ゴールドカードといえば、一般カードより上級の、持つことができるのは一部のカードユーザーのみ。上級カードゆえ、カードに設定されている年会費は高い値段で、持っているだけで利用者の大きな負担となってしまいます。

「ゴールドカードに付帯する豪華なサービス、持っているだけで得られるステータスが欲しい…」「でも高い年会費を毎年払うだけの余裕はない…」そんな方に向けて、年会費無料で持てる、または条件付きで年会費が無料になるゴールドカードをご紹介します。

やはり個人的な実感としても、社会人として、ゴールドカードの一枚二枚持っておきたいと思ってしまいますよね。

年会費永年無料のゴールドカード

まずは、文句無しで、年会費が永年無料で持つことができるゴールドカードからご紹介します。

年会費が永年無料ということで、やはり年会費が高いゴールドカードと比べるとサービス、ステータスが今ひとつな面もあります。ですがやはり「持ちやすい」というのはゴールドカードにおいて大きなメリットです。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカードは、年会費が永年無料の持ちやすいゴールドカード。エポスカードで貯まるポイントは有効期限も無いので、自分のテンポでじっくり貯めることができます。

自分からエポスゴールドカードに申し込むことも可能ですが、インビテーションを待てば、初年度から年会費永年無料で利用することが可能です。

私もインビテーションを受けましたが、一年も使わない段階で、それほど多くの利用額がなくともインビテーションが届く印象です。自然に、自分の使いやすいタイミングでエポスカードを浸かっていれば、インビテーションが届くのではないでしょうか。

セブンゴールドカード

セブンゴールドカードもインビテーションで作ることができるゴールドカード。

セブンカード・プラスは年間5万円以上の利用が無いと、年会費が500円かかってしまいますが、ゴールドカードに切り替われば年会費は永年無料。上級カードの方が年会費が安くなるなんて、珍しいゴールドカードです。

イオンゴールドカード

イオンカードの上級カード、イオンゴールドカードは、インビテーションで作ることができるカードです。

インビテーションが届く条件は明らかにされていません。条件には諸説あって、

  • 年間100万円以上利用
  • イオングループで年間60万円以上利用
  • カード利用総額500万円以上
  • など、難易度にもばらつきがあります。

    イオンゴールドカードによって、イオン店内ラウンジが利用できるなど、多くのメリットがあるゴールドカードです。

    条件付きで年会費が無料になるゴールドカード

    通常だと年会費がかかってしまうのですが、設定された条件をクリアすることで、年会費が無料になるゴールドカードもいくつかあります。

    NTTグループゴールドカード

    NTTゴールドカードは、18歳から申し込める、比較的若者向けのゴールドカード。限度額も最低30万円なので、比較的審査難易度は優しいと予想できます。

    NTTグループゴールドカードは、年間100万円以上の利用があれば、年会費が無料となるゴールドカード。年間100万円利用のためには、毎月8万円程度の利用が必要。メインカードで使っていれば、8万円程度すぐだ、なんて人にはおすすめです。

    初年度年会費無料のゴールドカード

    2年目移行は年会費がかかってくるものの、カードを作った一年目は年会費が無料のゴールドカードもあります。

    三井住友VISAゴールドカード

    日本でもっともブランド力があると言っても過言ではないでしょう。三井住友VISAカードの上級カード、「三井住友VISAゴールドカード」は年会費が初年度無料です。

    2年目以降は5000円の年会費がかかるものの、サービスが充実しており、抜群のステータス、発行日の早さなど、総合的に見ておすすめのゴールドカードです。

    若者向けの三井住友VISAプライムゴールドカード

    20代限定のゴールドカードもあります。それが「三井住友VISAプライムゴールドカード」です。

    年会費は初年度無料、翌年以降も割引があります。持ちやすい年会費設定ですが、ステータス、サービスなど、他のゴールドカードにまったく引け劣りません。まずは最初に持つ一枚目のゴールドカードとして、三井住友VISAプライムゴールドカードはおすすめです。

    まとめ

    「ゴールドカードは高級で、年会費も割高」

    なんていうイメージを覆す「年会費無料のゴールドカード」をご紹介しました。

    一般カードのサービス、ステータスでは満足できないならば、一歩上のサービスを受けることができるゴールドカードがおすすめです。

    年会費も無料で持てるならば、ランニングコストもかかりません。若者向けのゴールドカードもあります。ぜひ一枚、ゴールドカードを作ってみるのを考えてみてはいかがでしょうか。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket

    SNSでもご購読できます。