総量規制対象外の銀行で借り入れする利点はたくさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

銀行と消費者金融のどちらで借り入れした方がお得なのか。これは利用する人のニーズによって違います。例えば最短で借り入れをしたい方は無人契約機がある消費者金融を選択すれば良いし、なるべく低金利で利用したいと考えているなら銀行を選択すると良いでしょう。このように各金融機関によって特徴が違うので、まずは自分のニーズは何なのか。これをしっかりと確認しておく必要があります。
今回注目したいのが総量規制対象外のカードローンであるかどうかです。この「総量規制対象外」という言葉。これはお金を借りる時にどれほどの意味をもたらすのか。これについて説明していきたいと思います。


総量規制対象外はなぜ生まれた?

総量規制対象外のカードローンは2010年の貸金業改正によって生まれました。貸金業法の改正は返済能力以上の借金を出来ないようにあらかじめ法律で決めてしまおう。このような意味合いから貸金業法に、総量規制対象外という制度が設けられました。この制度が出来た根源はサブプライムローンの影響があるかもしれません。
サブプライムローンは普通ではローンを組むことができない信用力が低い方に向けた、住宅を担保にして高利貸しを行うことを意味します。つまり言い換えると「どんな低所得者の方でもローンを組むことが出来る」、「収入以上の借り入れを行うことが出来る」という事です。その結果、返済することが出来ない人がたくさん出ました。
日本はこれを教訓にして自分の返済能力以上の貸し付けは禁止する、総量規制対象外という制度を作ったのかもしれません。


レイク銀行がおすすめである

総量規制対象外の金融機関で借り入れをしたい方には新生銀行レイクがおすすめです。レイクは以前消費者金融でした。しかし最近銀行系カードローンになり、総量規制対象外になったのです。
なぜレイクが良いのか。それは銀行系カードローンの中で審査が若干緩いからです。銀行系カードローンの審査は消費者金融と比べると厳しいです。銀行の審査に落ちて消費者金融でお金を借りることが出来なかった人もたくさんいます。
しかしレイクは他の銀行系カードローンと比較しても審査が少し緩いです。それは以前消費者金融であったことも関係しています。
またレイクには二種類の無利息サービスなど優れたサービスがたくさんあります。どうしても銀行系カードローンを利用したい方は一度、レイクの審査を受けてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。