お金に困ったアルバイトの皆さん…早い段階でカードローンに頼って

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最近は一昔前より、全国的に時給が上がっているとはいえアルバイト収入なんて微々たるものです。アルバイト収入を頼りに生活している皆さんは、どうしても「お金が足りない」と思うような状況に追い込まれることも少なくないはず。

そんな時、お金を手に入れようとあれこれ画策するのは大事ですが、その時の行動で失敗してしまうと大きな損失になりかねません。

そんな金欠に苦しむアルバイトの皆さんには、ぜひ「カードローンの利用」をおすすめします。カードローンなら、お金にこまるあなたを助けてくれる理由があります。

アルバイトでも消費者金融の審査に通る!

多くの人がしている勘違いに「アルバイトはカードローン審査に通らない」というものがあります。ですが実は、カードローン利用者の多くがアルバイト勤務の方だということを知っていましたか?

そもそもが、「アルバイトは審査に通らない」のは大きな間違いなのです。

大切なのは「安定収入」

カードローンの審査において重視されるのが、「収入の安定性」です。審査で重要視されるのは、「収入の金額」ではなく「収入が安定しているか」どうかなのです。

定期的で、金額もあまり大きく上下しない。そんな収入形態こそ、審査に有利な属性なのです。

学生のアルバイトは定期的な収入を

アルバイトをしている学生が借り入れをするのであれば、まずは毎月安定した額を稼げるようにしておきましょう。支払い能力が保証されない状態では審査に不利になりますから、アルバイトを始めたばかりでのキャッシングの申し込みは、厳しいかもしれません。

実際の審査を受ける前に自分の状態を確認しておきたいならば、まずはオンラインでできる診断を受けてみてはいかがでしょうか。各業者のホームページには、自分がキャッシングを利用できる状態かどうかを簡単に診断するためのテストが用意されています。現在のアルバイトでも借入が可能かどうか、まずはテストを受けて判断してみてください。

過去のキャッシングで信用情報が傷ついていないのも大事

過去のキャッシング利用で、返済遅延や債務整理の記録があると、信用情報に残ってしまいます。返済遅延や債務整理記録が残った信用情報を見た消費者金融が、「返済能力が低い」と判断すれば、それだけで審査で大きく不利となってしまいます。

ただでさえ「アルバイト」の属性は「正社員」と比べ不利です。ここに「傷がついた信用情報」が加わってしまうと、審査にかなりダメージとなります。

「属性」が強ければ銀行カードローンの審査に通ることもある

ここまで、消費者金融のカードローン審査についてお話しましたが、「属性」などの情報に自信のある方なら銀行カードローン審査にも通ります。

都市銀行カードローンなど、カードローン審査を行う保証会社が「消費者金融」である銀行カードローンがおすすめです。

代表的なのが、アコムが保証会社である三菱東京UFJ銀行カードローン、またプロミスが保証会社である三井住友銀行カードローンなどが挙げられます。

カードローンは「無担保」「無保証人」で利用可能

カードローンの大きなメリットは、利用時に「保証人」も「担保」も必要ないということです。

他のローンは、申込時に担保や保証人が必要な場合があります。これにより他人に迷惑がかかるだけでなく、審査に時間がかかります。

誰にも内緒でカードローンを利用可能

他人に迷惑をかけずに、そして誰にも知られずにお金を借りることができるのが、カードローンのメリットです。

誰にも知られずに申し込み手続きを行うことができますし、審査の中にある「在籍確認」においても、周囲にバレにくい工夫が凝らされています。

利息の返済が心配なアルバイトさんへ

カードローンを利用してお金を借りるアルバイトのみなさんが心配しているのが、「返済」のことではないでしょうか。

カードローンを利用してお金を借りるのは簡単です。しかし、それが返済となると話は別です。借り入れた元金に加え、金利により発生する利息の支払いも必要です。

カードローンによっては「30日間無利息」のものが

その「カードローンで借り入れたお金の返済」を助けるサービスが、「無利息サービス」です。カードローンによっては、「借り入れから一定期間利息の発生しない」カードローンがあります。

このサービスを使って返済を進めれば、総返済額を減らすことができます。もちろん、無利息期間内で返済を完結すれば、利息は発生しません。

気をつけておくべきなのは、「無利息サービス」を利用できるのは、初回借入時のみの場合が多いということでしょうか。

ノーローンなら「何度でも1週間無利息」

初回借入時のみ利用できる場合が多い無利息サービスですが、ノーローンからの借り入れならば話は別です。

ノーローンならば、返済を完結した翌月の借り入れにも「無利息サービス」が適応されます。何度でも無利息サービスを利用した返済が可能なのです。1週間という短い無利息期間ですが、ノーローンからの借り入れならば返済の負担を少なくできるということですよね。

返済が追いつかないなら消費者金融へ相談してください

どうしてもカードローンの返済が遅れそうな場合は、黙って返済を遅らせるのではなく、消費者金融や銀行に相談してください。

何も言わず返済が遅れると、その返済遅延記録が信用情報に記録されてしまいます。消費者金融も相談をむげにつっぱねるようなこともしないはずです。

まとめ

アルバイトとして働き、その収入がメインであるあなたも、問題ありません。消費者金融や銀行のカードローンを利用可能です。

お金に困ると判断能力も下がり、間違った方向に自分を進めてしまいがちです。ですが、「借金」という言葉に囚われすぎることなく、早めのカードローン利用をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。