カードローンとキャッシングの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カードローンとキャッシングの違いは何でしょう。これからお金を借りようと考えているけれども、「一体どっちを選べばいいの?」と迷ってしまいますよね。

どちらもお金を借りることのできるサービスですが、実際のところ両者にはどんな違いがあるのでしょうか。また、カードローンとキャッシングでは、どちらを利用するべきなのでしょうか。これからお金を借りたい人のために耳寄りな情報をお伝えします。

クレジットカードのキャッシング機能とは

クレジットカードのキャッシングとは、お持ちのクレジットカードを使って、ATMからその場で借入ができる機能のことです。いつも買い物に使っているクレジットカードで借入をするので、クレジットカードさえお持ちであれば、カードローンの契約をしなくても借入ができます。カードローンには抵抗を感じるという方でも、いつも使っているクレジットカードのサービスなら、安心できそうですね。

キャッシングに利用できるATMは、クレジットカード会社と提携している金融機関のATMなどです。各種コンビニエンスストアに設置されているATMが利用できる場合もありますから、突然ちょっとしたお金が必要になった時に、いつでも引き出すことができます。

カードローンとキャッシングのイメージの差

カードローンとキャッシングの違いは、現在ではそれほど明白でなくなってきています。返済方法や借入限度額などに違いはあるものの、新しいサービスが登場するにつれてその境界もあいまいになってきているのです。

現在では似たり寄ったりのカードローンとキャッシングですが、それぞれのサービスの発祥によって、イメージの違いがあります。カードローンは消費者金融業者の提供するサービスで、キャッシングはクレジットカード会社の提供するサービスです。したがって、一般的にいってカードローンはややハードルの高いイメージ、クレジットカードのサービスの一環としてあるキャッシングは誰でも使いやすいイメージがあるといえるでしょう。

そうはいっても、今では消費者金融業者が人気タレントを起用した広告を出すなど、カードローンの好感度が高まっています。これから先、キャッシングとそう変わらないイメージが出来上がるかもしれませんね。

返済の方法が違う

カードローンとキャッシングは、返済方法に違いがあります。まず、クレジットカードや銀行カードの機能の一環としてあるキャッシングは、翌月の指定された日に一括で支払いをするのが一般的です。決められた口座から一括で引き落とされますから、クレジットカードと同じような返済方法だと想像してみてください。

それに対して、カードローンの返済は一括ではなく、月々で分割して返済ができるようになっています。たとえば、今月10万円を借りたとしても、翌月に返済するのが2万円ということもあり得るわけです。このような支払いの方法を、リボルビング払いと言います。毎月無理のない金額から返済してゆけるのがカードローンのメリットといえるでしょう。

借入限度額の違い

カードローンとキャッシングには、借入限度額の違いがあります。キャッシングが最大で50万円前後の融資であるのに対して、カードローンでは数百万円の融資を受けることができます。小口の融資を受けたいのであればキャッシング、大口の融資を受けたいのであればカードローンを利用するのがいいでしょう。どのような目的でお金を借りるのかによって、使い分けられるといいですね。

ただし、カードローンで50万円以上の大口の融資を受けるためには、審査で収入証明書の提出が必要となるケースがほとんどです。収入証明書とは、毎月の給与明細書や源泉徴収票など、勤め先の会社から発行される書類のこと。大きな金額を借入するためには、それだけ支払い能力が問われることになります。

キャッシングでもリボルビング払いができる?

先ほど、カードローンとキャッシングの違いは、支払い方法にあるとお伝えしました。しかし、最近ではキャッシングでもリボルビング払いができるサービスが登場しています。

それなら、カードローンもキャッシングもリボルビング払いをすればまったく同じかといえば、そういうわけでもありません。キャッシングのリボルビング払いは、カードローンのリボルビング払いよりも金利が高くつきます。どちらかというと、カードローンのリボルビング払いを利用した方がお得になるのです。

クレジットカードのキャッシング機能を利用するタイミング

クレジットカードのキャッシングは、どのような時に便利なサービスなのでしょうか。

お買い物中、思いがけずひと目惚れするような商品に出会ってしまう、というのはよくあること。でも、どうしても今買わなければならないのに、手持ちのお金も足りないうえに、カードも使えない――そんな時は、クレジットカードのキャッシング機能を使えたら安心ですよね。

また、海外旅行中にお金が足りなくなってしまった時にも、このサービスが役立ちます。旅先では、何が起こるか分かりません。思わぬトラブルでお金が必要になった時も、海外のATMから現金を引き出せるので便利です。必要以上に多めの現金を持ち歩かなくて済むと、旅行中のお金の管理もしやすくなります。

カードローンとキャッシング、どちらを使えばいいの?

大きな金額を借入して少しずつ返済してゆくのであれば、カードローンの方がお得になります。逆に、少額をすぐに返済したいのであれば、キャッシングの方が手軽と言えるでしょう。

また、キャッシングよりも金利の低いカードローンですが、ついついお金を使いすぎてしまう人には向かないサービスといえるかもしれません。とはいえ、しっかりと返済する自信があるのなら、金利の低いカードローンを選びたいところです。

カードローンとキャッシングは、それぞれにメリット・デメリットがあります。すべての人にとってどちらが使いやすい、と断言できませんから、あなたにとってメリットのある方を選べるといいですね。

カードローンとキャッシングには、返済方法や借入限度額に違いがあります。また、イメージにも違いがありますが、最近ではどちらも似たり寄ったりになってきているのが現状です。カードローンとキャッシング、それぞれのメリット・デメリットをよく理解して、自分に合ったサービスを利用してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。