キャッシング前の審査で重要なのは信用情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

キャッシングやカードローンはとても便利なサービスではありますが、誰もが希望通りに利用することができるわけではありません。
審査の結果によっては、そもそも利用することができなかったり、額を減らされてしまったりすることもあります。

そんなキャッシングやカードローンの審査の上でとても重要なポイントとなるのが信用情報と呼ばれるものです。ほとんどの金融機関などで共有されている借入情報などを確認できる情報が存在しているのです。


あなたの借入状況は把握されている?

金融機関でキャッシングなどの申し込みをする際に、現在の借入額などを記入するところがあります。
人によっては、審査を少しでも有利にするためにその額を少なめに書いたり、ゼロにしてしまったりする方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、残念ながらこれには何の意味もありません。それどころか、嘘をついていることになりますので、審査に悪影響を及ぼしてしまうことになります。

どうして、借入状況などがすべて金融機関には筒抜けになっているのでしょう?その理由が、信用情報というものの存在です。
各金融機関で確認することのできる、この信用情報にはさまざまな借入情報などが記入されています。
それだけでなく、返済の状況なども記載されていますので、あなたがどこからいくらお金を借りて、どのように返済しているのかがすべてわかってしまうのです。

ブラックとはどういった状況?

その信用情報によって、ほとんどの金融機関で新規の借入ができなくなってしまうことを、一般的にブラックと言います。

では具体的にどんな状態がブラックなのでしょう?

実は返済が少し遅れてしまっただけでブラックになってしまうことはありません。もちろん、返済遅れは記録され、多少審査においてマイナスになってしまうことはありますが、ブラックと呼ばれる状況にはなっていないのです。

では、どうなったらブラック状態なのでしょう?さまざまなパターンがありますが、一般的には3ヵ月以上返済が遅れてしまった場合、金融事故という扱いになり、ブラックになってしまいます。

もちろん、3ヵ月以内であれば問題ない、というわけではありませんが、これを超えてしまうと、一定の期間は新たな借入をすることがほぼ不可能になってしまうのです。

これは、キャッシングやカードローンだけでなくショッピングクレジットや、携帯電話やスマホの割賦金にも適用されますので、注意が必要です。

返済遅延が繰り返された場合も「ブラック」扱い

3ヶ月など、長期の返済遅延が無かったとしても、「返済遅延」の記録が残ってしまうケースがあります。
それは、たとえ3日や1週間など、短い返済遅延だったとしても、それが続いた場合。日常的に返済遅延を繰り返していると、やがて信用情報にその記録が残り、審査で不利な「ブラック」な状態となってしまうのです。

返済は遅れることなく返す意識を持っておきましょう。どうしても期日内に返済できそうにないなら、消費者金融に連絡して、対応を考えてもらうことにしてください。

自分の信用情報を知るにはどうすればいい?

この信用情報は金融機関しか見ることができないのでしょうか?そんなことはありません。実は、自分自身で確認することも可能となっています。
自分自身で請求すれば、郵送で自分の信用情報をチェックすることができます。

なかなかキャッシングなどの審査をクリアすることができない、という方は、一度自分の信用情報をチェックしてみるのもひとつの手段かもしれません。
どこかに問題があれば、すぐに解決することだってできるはずです。

近年では、自分でもまったく気づかないうちにブラックになってしまう、というケースも少なくありません。
特に、複数のクレジットカードなどを使用して、頻繁に使用している方の場合、うっかり支払いを忘れて、数カ月が経過してしまった…なんてことも十分にあり得るでしょう。

なので、定期的に自分の借入状況などを明確に確認することのできる信用情報を申請してみてはいかがでしょうか?

信用情報開示請求はスマートフォンから簡単に行うことができる

信用情報が見たい!と思った方には、「インターネット開示」がおすすめです。全国どこからでも、お持ちのスマートフォンやパソコンから信用情報開示請求を出すことができます。

他にも、「郵送開示」や「窓口開示」も可能ですが、信用情報開示請求を出す方法で一番簡単で早いのは「インターネット開示」であることは間違いありません。

信用情報に傷があっても借入ができる?

金融事故を起こし、ブラック状態になってしまうと一般的な金融機関での借入はまずできません。
大手銀行や、大手の消費者金融でも難しいでしょう。

基本的には、こういった状況になってしまったのであればこれ以上借入をすべきではないかもしれません。
しかし、どうしても急にお金が必要となってしまうこともあるでしょう。そんな時に利用できる金融機関がないわけではありません。

そのひとつが中堅の消費者金融などです。大手に知名度などが劣っている分、独自の審査によってブラックの方でも申し込みが可能となっているところも少なくありません。

もちろん、現在の支払い能力や他の借入状況などがより厳しく審査されることになるだけでなく、借入可能な額もかなり制限されてしまうことになります。しかし、絶対に借入ができないというわけではありませんので、いざという時のために頭に入れておくと良いでしょう。

信用情報は審査に大きく影響する

このように、信用情報はキャッシングやカードローンなどの審査に大きく影響するものとなっています。
できるだけ、この情報の傷をつけてしまわないように、計画的にキャッシングなどを利用するようにすべきでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。