銀行カードローンの特徴について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

銀行カードローンの特徴として、低金利の商品の多いことが挙げられます。
しかしその分審査は厳しくなっています。


下限金利ではなく上限金利で比較すべし

カードローンの金利を見てみると、「4.6~14.5%」といった感じで、一定の範囲で設定されることが多いです。
金利で比較するときに多くの人が、4.6の金利の低い方で条件のいい所を探してしまいがちです。
しかし初回借入の時には、14.5%の方の上限金利の適用されることがほとんどです。
よって少しでも金利の低いところで借り入れしたいのであれば、上限金利の利率がどうなっているかで比較する必要があります。

消費者金融よりも低い銀行カードローン

消費者金融でも、下限金利は一ケタの低金利になっているものが多いです。
しかし上限金利を見てみるとおおむね18%前後に設定されているはずです。
一方銀行カードローンを見てみると、主だった商品で14%台に設定されています。
消費者金融と比較して、3~4%も低いことがわかります。
さらに銀行カードローンを個別に見ていくと、上限金利でも10%を切るような低金利設定になっている商品も見られます。
利息の負担をなるべく軽減したければ、銀行カードローンで借りた方が良いわけです。


大口融資にも対応している銀行カードローン

銀行カードローンは、まとまった金額の融資にも対応しているのも特色の一つといえます。
消費者金融系を見てみると、大手を中心としてせいぜい500万円までの融資に対応している所がほとんどです。
しかし銀行カードローンを見てみると、800万円とか中には1000万円までの融資に対応しているところもあるほどです。
もちろん小口融資を受けるためには厳しい審査をクリアする必要はあります。
しかしまとまった資金が必要になるかもしれないという人は、消費者金融よりは銀行カードローンを利用した方が良いわけです。


専業主婦でも借り入れできる銀行カードローン

総量規制とは

専業主婦の方は消費者金融で借り入れはできません。
なぜなら総量規制がネックになるからです。
総量規制は貸金業法の一つの項目で、その人の年収の1/3を上限として融資しなければならないというものです。
専業主婦の場合、自分の所得が一切ありません。
ゼロの1/3はゼロ、つまり借入ができないわけです。

銀行は貸金業者ではない

年収の1/3を上限とした総量規制は貸金業法の一環であり、貸金業者を規制するためのルールです。
銀行は貸金業者ではないため、貸金業法の縛りが適用されません。
つまり年収の1/3を上限とする総量規制の縛りを受ける必要がないわけです。

配偶者に収入があれば借入可能

銀行カードローンでは、専業主婦の方で自分に所得がなくても、配偶者に安定した収入があれば借り入れができます。
しかも配偶者の収入を証明する書類がなくても、専業主婦の方の本人確認書類だけで借り入れが可能なカードローンもあります。
専業主婦で家計のやりくりに困った時に、銀行カードローンを利用するのも一つの方法といえます。


審査が厳しい銀行カードローン

低金利で大口の融資にも対応している銀行カードローンですが、その分審査は厳しめの傾向があります。
安定して継続的な収入がないと、審査をクリアするのは難しくなります。
消費者金融よりは審査のハードルが高いと思っておいた方が良いでしょう。

まとめ

銀行カードローンは融資の条件が魅力的ですが、審査は消費者金融と比較すると厳しめです。
しかし銀行カードローンも最近では、パートやアルバイトの人にも積極的に貸付を行っているようです。
より良い条件で借り入れしたければ、銀行カードローンの利用も検討してみませんか?”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。