申し込みブラックってどういう意味?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
顎に手を当て悩む女性

複数のカードローン会社との契約をお考えの方にとって気になるのが、“申し込みブラック”です。借入の金額を増やすためや、審査通過の心配といった理由から、複数のカードローン会社に申し込みをしているなら、あなたも注意が必要かもしれません。

“申し込みブラック”とはどういうことでしょうか。いざという時に困らないように、事前に、申し込みブラックとなる場合について知っておきましょう。カードローンの申し込みブラックについての情報をお伝えします。

申し込みブラックってどういうこと?

申し込みブラックとは、複数のカードローン会社やクレジットカード会社へ、短い期間で続けて申し込みが行われたために、審査が通りにくくなっている状態を指します。

春からの新生活の始まりや、冠婚葬祭などの資金が必要となると、ついつい同じ時期にいくつものカードローンやクレジットカードの契約をしてしまうことがあります。これまでに一度も審査で落ちたことがない方でも、うっかり申し込みブラックにならないよう、気をつけておきましょう。審査について「何の落ち度もなさそうなのに、どうして落ちてしまったのだろう?」と疑問があるのであれば、申し込みブラックに当てはまるような申し込みをしていないかどうか、確認してみてください。

申し込みブラックと信用情報機関の関係

そもそも、どうして申し込みブラックになるのでしょうか。まったく別のカードローン会社やクレジットカード会社に申し込みをしたのに、どうして他の業者にも契約の情報が分かるのでしょうか。

そのカギは、“信用情報機関”にあります。信用情報機関とは、加盟している関連会社から消費者の情報を管理および提供し、健全な取引を保つために国で指定された機関です。私たちがカードローンやクレジットカードの契約をすると、その情報は信用情報機関に集められます。業者はそこから私たちの情報を引き出して、審査に利用するのです。

複数のカードローン会社やクレジットカード会社へ申し込みをしているという状況は、一般的にいって、かなりお金に困っていると見なされます。返済が難しいと推測される人にお金を貸すのには金融機関にとってはリスクがともないますから、審査に通りにくくなってしまうのです。

どれくらいの件数で申し込みブラックとなる?

申し込みブラックになる件数は、およそ1ヵ月間に4社くらいと言われています。すでに複数の申し込みをしている方は、気をつけておきましょう。何社目かの申し込みから連続で審査に落ちるようになってしまったら、申し込みブラックになっている可能性が高いでしょう。落ちてしまったからといって続けて何度も申し込みを繰り返すと、審査に不利な情報がさらに信用情報機関に残ることになりますから、しばらくは契約を諦めた方が賢明かもしれませんね。

もし申し込みブラックとなった場合は

一度でも申し込みブラックになってしまったら、もう二度と審査に通らなくなってしまうのでしょうか。実は、信用情報機関に集められた情報が登録されている期間は、6ヵ月間と言われています。したがって、少なくとも6ヵ月間待ってから申し込みをすれば、以前の情報がない状態となりますから、ふたたび審査に臨むことができます。

申し込みブラックは滞納しなくともなる

「でも、私は一度も滞納をしていないから……」と、甘く考えていませんか。これまでにもキャッシングを利用していて、一度も滞納などの経験がなかったとしても、申し込みブラックになることはあるのでしょうか。

申し込みブラックとは、あくまでカードローンやクレジットカードを多重に申し込みをしているという情報によって、各業者から審査で落とされるものです。以前の返済の状況だけで、返済の能力があるかどうか判断されるわけではありません。したがって、滞納の経験がなかったとしても、申し込みブラックになる可能性は十分にあると言えます。これまでの実績とは関係なく、短期間に複数の申し込みをするのは控えておきましょう。

審査に通るために気をつけること

カードローンやクレジットカードの審査に通るためには、どのようなことに気をつけるべきでしょうか。カードローンの審査は、主に属性と信用情報によって判断されています。属性というのは、あなたの年齢や職業や家族構成などの情報です。属性によって、審査で通りやすいものと通りにくいものがあります。たとえば、20代は70代よりも審査に通りやすく、正社員は専業主婦よりも審査に通りやすいといった差がつけられているのです。

信用情報とは、これまでのカードローンやクレジットカードの契約の状況や返済などの残高情報のことです。現在利用しているサービスでの不備がないよう、信頼を築くために常日頃から意識することが重要となります。短期間での複数の申し込みは避け、申し込みブラックにならないようお気をつけください。

申し込みブラックは、誰にでも起こりうる状況です。もし申し込みブラックになってしまったら、しばらくは新規の申し込みの行動を控えておきましょう。カードローンやクレジットカードは、ご自身で管理できる適切な範囲での利用にとどめられるといいですね。

ブラックリストはいつ抹消してもらえるの?

リストに登録されてしまっている方は、金融機関などへ申し込めないとお話しました。
この先もずっと申し込むことが出来ないのかというとそうではなく、上記で触れたようにブラックリストから抹消される期間が決まっています。どのような金融事故を起こしているのかという点で、その期間も変わってきます。自己破産や時効を成立させてしまっている方の場合、ブラックリストから情報が抹消されるのは10年程です。民事再生や借金整理などを行なっている方は5~7年。あくまでも目安ですから断言することはできません。しかし、この期間中は申し込みも不可能ですし、借入も出来ません。住宅ローンなども組むことが不可になりますので不便かもしれませんが、良いリハビリだと思えば窮屈感もなくなるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。