アコムでお金を借りるメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

アコムのカードローンは即日融資に対応しており、即日発行可能なローンカードにはクレジットカード機能がついているなど、アコムだけのメリットは多いです。
現在大手消費者金融の中で一番の売上をほこるのが他でもないアコムです。それだけ積極的に申し込んだ人の審査を通してお金の積極的だということ。
アコムのカードローン利用前にしっかりアコムだけのメリット・デメリットを理解した上でお金の借入れを行ってください。

アコムからお金を借入れるメリットは

アコムのカードローンを利用しながらお金を借入れるメリットは多いです。さすが大手消費者金融ナンバーワン。キャッシングにおいて理想的な条件がそろっています。

キャッシングに安心感がある

お金を借入れるときに大切なのは、金利が低いことに加え借入れに安心感があるかどうか。
アコムは大手消費者金融とはいえ、都市銀行である三菱東京UFJ銀行の提携グループ企業です。
三菱東京UFJ銀行がバックについたカードローンでのキャッシングはやはり安心感がありますよね。

審査は最短30分、即日融資で借入可能

スピードキャッシングに対応しているのが大手消費者金融のキャッシングを利用するメリット。アコムも早い審査と融資に対応しています。
アコムの審査は最短30分。その後自動契約機からカードを受け取った場合はすぐにでもATMからのキャッシングが可能です。平日の14時までに申しこめばネットキャッシングでも即日融資で借入れが可能です。

ネットキャッシングに強い

アコムの自動契約機「むじんくん」を利用すればローンカードを受け取ってATMからのキャッシングが可能です。しかしアコムはパソコン、スマホからの申し込み、キャッシングにも強いのが魅力。
自分のスタイルに合わせた借入れが可能なのがアコムのメリットです。

無利息サービスを利用可能

初めてのキャッシング利用者に向けて30日間の無利息サービスが提供されています。借入期間が30日間を越えたとしても、総返済額から30日分の利息は返済額から差し引かれるので、返済の負担を軽くきます。
無利息サービスが用意されているのはアコムからキャッシングを行う上での大きなメリットです。

ACマスターカードにはクレジットカード機能付き

アコムだけのメリットと言えばこれです。アコムのカードローンの借入れで利用するローンカードであるACマスターカード。このカードにはショッピングなど支払いで利用できるクレジットカード機能を搭載できます。
自動契約機を使えば即日発行できるクレジットカードという点で考えても優秀なカードです。

アコムからのキャッシングにおけるデメリット

メリットの裏にはいつもデメリットがあるもの。アコムからのキャッシングにはデメリットもあります。メリットだけでなくデメリットもしっかり把握してからキャッシングを行いましょう。

金利は高め

アコムは三菱東京UFJ銀行の提携グループ企業である消費者金融であることを忘れてはいけません。消費者金融はどうしても銀行のキャッシングより金利が高く設定してあるため利息の返済額が高めになってしまうことを理解しておきましょう。
アコムの金利は4.7~18.0%です。銀行カードローンの上限金利が15%程度であることを考えると高金利だと感じるでしょう。
しかしこれは審査が甘いことによる、貸し倒れのリスクを軽減するための対策です。審査が甘いメリットの裏返しだともいえます。

総量規制によってキャッシング額に制限がかる

アコムは消費者金融ですから、近年新しくできた貸金業法、総量規制の対象となってしまいます。年収の3分の1までしかお金を借りることができず、高い限度額設定が可能な消費者金融でも小額キャッシングに限られてしまうことが多いです。
アコムなど消費者金融はまとまったお金を借りるのには向いていないでしょう。

収入のない専業主婦や学生は借入れ不可能

年収によって借入額が決まるのが総量規制です。つまりまったく年収がない専業主婦や実家に住む学生などはお金を借入れることができないということです。
専業主婦でもカードローンを利用してお金を借りたいと思っている人は少なくないはず。そういった方はぜひ総量規制対象外の銀行カードローンを利用してお金を借入れてください。

他社と比較しておすすめできる消費者金融

以上アコムのカードローンを利用してお金を借入れるメリットとデメリットを説明しましたが、アコムは即日融資に対応しているだけでなく無利息サービスやクレジットカード機能付きのACマスターカードなど、他消費者金融より多くのメリットが多いです。
特にはじめてのキャッシングで不安な方に、自信を持っておすすめできる大手消費者金融です。

アコムの詳細情報はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。